Perfumeが、2020年9月に結成20年&メジャーデビュー15周年を迎える。そのアニバーサリーイヤーの締めくくりとして、さまざまな企画を展開する「Perfume 15th&20th anniv with you all」が始動。

【写真を見る】神木隆之介、浜辺美波、中村倫也とポーズを取るPerfume

今回、「Perfume 15th&20th anniv with you all」Vol.1として、9月2日(水)にリリースされるライブBlu-rayDVDPerfume 8th Tour 2020 “P Cubed”in Dome」に加えて、20年間にわたる全歴史を再構築したコンセプトライブ「Reframe 2019」が、劇場映画「Reframe THEATER EXPERIENCE with you」として9月4日(金)から、2週間限定で劇場公開されることが決まった。

2019年9月21日から結成20年&メジャーデビュー15周年を迎える節目の年へ突入し、アニバーサリーイヤーを記念したさまざまな企画を行ってきたPerfume

そして2020年9月、その締めくくり企画の第1弾企画として、Perfumeの20年間にわたる全歴史を再構築したコンセプトライブ「Reframe 2019」が劇場版として公開されることになった。

「Reframe」は、2017年12月21日NHK総合で放送された番組「Perfume × TECHNOLOGY 2017」と関連して、2018年3月20日、21日に東京・NHKホールで開催されたスペシャルライブThis is NIPPON プレミアムシアター『Perfume×TECHNOLOGY」presents “Reframe”』」が始まり。

「Reframe 2019」は、2019年10月16日から8日間にわたり、装い新たに生まれ変わったLINE CUBE SHIBUYA(旧・渋谷公会堂)のこけら落としとして開催された。

Perfumeと幾多のライブを共にしてきた演出振付家・MIKIKO、真鍋大度を中心とするクリエーティブ集団・ライゾマティクスが、デジタル技術を駆使したアートな表現に挑戦。

MCを一切行わず進行し、MIKIKOとライゾマティクスの演出・テクノロジーを結集させたライブとなっている。

楽曲、音声、ダンスパフォーマンス、写真、映像といったノーマル素材から、MVやライブ制作のためライゾマティクスと記録してきたモーション・キャプチャーや3Dスキャンといった特殊素材まで、Perfumeがこれまで蓄積してきたさまざまなデータを、最先端の演出アイデアと技術で再構築。Perfumeの今のストーリーとして、見せることができる。

新型コロナウイルス感染症の影響で、音楽ライブ音楽フェスティバルの延期や中止が相次ぎ、それらの実施が困難な現況において、「より安全な環境下にある映画館で音楽体験を楽しんでもらいたい」という思いから、劇場版タイトルが「Reframe THEATER EXPERIENCE with you」と名付けられた本作。

そして今回、洗練された身体パフォーマンスと最先端テクノロジーが融合し、アート性に富んだ作品の、魅力の一旦を感じる予告編とポスタービジュアルが解禁となった。(ザテレビジョン

Perfumeのコンセプトライブ「Reframe 2019」が、劇場映画として9月4日(金)から2週間限定で劇場公開。予告編とポスタービジュアルが解禁となった