本日から開催された『東京ゲームショウ 2013(以下、TGS2013)』。本日と明日はビジネスデイとなっており、一般の方は入場することができない。そんな『TGS2013』に取材にやってきたガジェット通信取材班。今年の目玉はなんといっても新ハードの『PlayStation 4』と『Xbox One』だろう。両機種も国内では来年発売予定で、北米では11月発売予定となっている。

日本より海外の方が盛り上がっている新ハードだが、国内でも一般にお目にかかれるのがこの『TGS2013』である。しかも見るだけでなく、実際に遊ぶことも可能。展示されていた『PlayStation 4』には大勢の人が群がっておりその人気っぷりがうかがえる。展示されていた『PlayStation 4タイトルは『ナック』、『deep down』、『ドライブクラブ』など。

どれもビジネスデイながら長蛇の列ができており、数十分の順番待ちとなっていた。これは一般日は数時間は余裕で待たされそうである。

また現役ハードの『PlayStation 3』も元気で『ダークソウル2』や『バットマン:アーカム・ビギンズ』も人気。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。