千葉雄大が主演を務めるドラマ「40万キロかなたの恋」が7月24日(金)よりスタートする。(全4話、毎週金曜夜0:12-0:52ほか、テレビ東京系)

【写真を見る】千葉雄大が子供の頃の夢だったという宇宙飛行士の役に挑戦!

同作は、地球と40万キロ離れた月周辺で、宇宙船に一人で長期滞在している孤独な宇宙飛行士の遠距離恋愛模様を描くドラマ

コロナ禍での撮影ということで、今作では宇宙船での一人芝居をバーチャルスタジオで撮影し、リアルタイム合成で映像化。“三密”を避けた撮影を実現させ、“withコロナの時代に改めて感じた人と人が直接会える日常の大切さ”や、孤独、温もりも表現している。

近くにいるのに肉体を持たない人工知能との心の交流や、40万キロをこえる恋愛模様など、コミュニケーションの多様性とドラマチックな展開が見どころだ。

今回は、本作で煩わしい人間関係が嫌いな宇宙飛行士・高村宗一を演じる千葉雄大インタビューを実施。撮影の裏話などを語ってもらった。

ステイホーム期間中は長期休暇を満喫?

――ドラマの撮影が始まる前のステイホーム期間中はどのように過ごされていましたか?

僕は結構お利口に家で過ごしていましたね(笑)。最初の3週間くらいは本当に家から一歩も外に出なかったです。買い物とかも全部ネットで済ませていたので、人との触れ合いはゼロで、ダラダラと有意義に過ごしていました。

でもだんだんそういうのも窮屈になってきて、メンタルシュンとなっちゃったりして…。それからはちゃんと自炊もして、たまにテレビ電話で人とお話したりとかするようにしていました。

あとは友人がマイクを送ってくれたので、テレビにつなげて家でカラオケをしたりとか。でもそういう生活ができていたのも、配達とかしてくれる方たちがいるからですよね。

――今回のドラマグリーンバックでの撮影で、他の共演者の方ともほとんど会わなかったそうですが、改めて撮影を振り返っていかがでしたか?

撮影は大変でしたが、すごく達成感はありましたし、僕はデビュー作で特撮を経験しているので、グリーンバックでの撮影にはなじみがあって、懐かしいなぁという感じでしたね。

一人のシーンが多かったので寂しい部分もありましたが、そこはハリウッドばりの想像力で頑張りました(笑)

■ やっぱりバランスが大事だなって

――主人公の高村宗一は煩わしい人間関係が嫌いな性格ですが、千葉さんはだれかと一緒にいたいタイプですか? それとも一人でいたいタイプですか?

うーん…。まぁないものねだりだとは思うんですけど、一人でいると誰かに会いたいなって思うし、誰かと一緒にいると一人になりたいなって思うし…バランスが大事だなって思います。でもどちらかしか取れないとしたら、人といる方を選ぶから、人への思いやりは忘れちゃいけないなって思っています。

――子供の頃、卒業アルバムに将来の夢の一つとして “宇宙飛行士”と書いていたそうですが、今回宇宙飛行士の役を演じてみて、宇宙への興味が深まったり、いつか宇宙に行ってみたいなと思ったりしましたか?

撮影前に台本を読みながら、“無重力なのかな?”とかいろいろ想像していたんですけど、今回は居住空間ということで重力がある設定だったので、やっぱり無重力は経験してみたいなと思いますね。

でも宇宙に行ってみたいかって言われると、どうだろう…。幼稚園の頃の僕は行ってみたかったんだろうけど、今実際行くとなると、ちょっと怖いな(笑)。でも宇宙から見た地球がどんな感じなのか、見てみたい気はしますけどね。

■ 僕は結構寂しいなと思うので

――もし宗一のように長期間宇宙に行くことになったら、絶対に持っていくものは何かありますか?

うーん…何だろう…。いろんな匂いとかかな(笑)。なんか匂いで落ち着いたりすることとかってありません?

――今回の撮影でも宗一の元恋人・鮎原咲子を演じる門脇麦さんの匂いを感じながら撮影したとおっしゃっていましたよね。

いや、その言い方だとなんか変態っぽくなってしまうんですけど(笑)。門脇さんとは結構ご一緒するシーンが多いんですけど、なかなか撮影を一緒にできなかったので、リハーサルでお会いしたときの熱量とかを頼りにさせていただいたっていうことですね(笑)

――ちなみに、落ち着く匂いとかって何かありますか?

祖母の家の匂いがすごく落ち着きますね。何の匂いって言ったらいいのかよくわからないんですけど。なので、もし宇宙に行くことになったら、そういう親しい人の匂いの付いたものを持って行って、寂しさを埋めるかな。宗一とは真逆で僕は結構寂しいなと思うので。

■ 人との関わりについて考えるきっかけになれば

――でも今回のドラマのように人工知能の存在が近くにあったら、また状況も違うかもしれないですよね。本作では近くにいるのに肉体を持たない人工知能・ユリ(声:吉岡里帆)との心の交流が描かれていますが、そのあたりで意識した点などはありますか?

確かに話し相手がいるというのは全然違いますよね。

僕は今回そのあたりで意識したことは特になくて。AIだけど、すごく体温を感じながらユリとお芝居ができました。ユリは僕を宇宙で支えてくれるために生まれた存在なので、やっぱり話もすごく合うし、AIっていうよりも一人の女性として接した感じですかね。

将来ユリみたいなAIの存在がどんどん身近になっていくのかなと思うと面白いですね。

――最後に、このドラマを通して伝えたいことはどんなことでしょうか?

宇宙と地球の40万キロ離れているという設定と、すぐ近くにいるのに会えないという今の状況には何か通じるものがあると思うので、一人で有意義に過ごされている方も寂しいなって感じている方も、このドラマを見たら何か感じていただけるものがあると思います。

宇宙っていうスペクタクルなドラマの設定を楽しみながら、それぞれ人との関わりについて考えるきっかけになればいいなと思います。(ザテレビジョン

千葉雄大が主演を務めるドラマ「40万キロかなたの恋」 が7月24日(金)から放送スタート!