さまざまな言語でネコに話しかけている動画がTikTokで話題を呼んでいます。


https://www.tiktok.com/@g.catt.eng/video/6847431933165604102

話題の動画はこちらです。英語で“ネコちゃん”を意味する“Kitty”で呼びかけてもガン無視のネコ。続けて韓国語ロシア語で話しかけても反応無し。ところが、ドイツ語Stardenburdenhardenbart)で話しかけるとこちらに向かってきます。


https://www.tiktok.com/@g.catt.eng/video/6847434281216642309

今度は英語、中国語イタリア語で話しかけてみますが、やはり反応無し。例の魔法の言葉“Stardenburdenhardenbart”で呼びかけると、すぐさま反応を示します。


https://www.tiktok.com/@g.catt.eng/video/6847499775596580101

英語、チェコ語スペイン語には一切反応しないこちらのネコも、“Stardenburdenhardenbart”という言葉を聞くとソッコーで振り向きこちらをガン見


https://www.tiktok.com/@g.catt.eng/video/6848281520101133574

こちらのネコも“Stardenburdenhardenbart”という言葉を聞くと、「呼んだ?」みたいな表情でこちらを見つめます。投稿主は「全てのネコはドイツ原産なんだ」と主張しています。


https://www.tiktok.com/@g.catt.eng/video/6852367336398228741

ドイツ語だと常に反応する」という投稿主ですが、中にはスペイン語に反応してしまうネコもいたりします。すると投稿主は「このネコはメキシコ原産だな」と一言。

ドイツ語に反応しているのか、それとも“Stardenburdenhardenbart”という言葉に反応しているのかは不明なままとなっています。

※画像:TikTokより引用
https://www.tiktok.com/@g.catt.eng/video/6848281520101133574

(執筆者: 6PAC)

―― 表現する人、つくる人応援メディアガジェット通信(GetNews)』
どうして? ドイツ語だけに反応するネコ