それは…グローリーホール?

基本的にAVをお手本にした性行為は忌避されるものだが、今回紹介するあのプレイは、新型コロナウイルス対策としてむしろ疾病センターが推奨しているらしい。

そう、グローリーホールである。(※ご存じない方は、こそっと調べていただきたい。)

話題になっているのは、カナダブリティッシュコロンビア州疾病センターが公開した「コロナウイルスセックス」という記事。

元気な時や症状がない時はセックスをしても大丈夫。気分が悪い時は見送りましょう・・・とはじまるこちらの記事だが、その中に目を疑う文章が。

セックス中に自分を守るためのステップ”という項目の中に、「壁のようなバリアを使いましょう(例:グローリーホール」があったのだ。

AVでよく見るあの変態プレイが有効だなんて驚きである。確かに相手との間に壁はあるが、、、

またそれだけでなく、他には”体調がよく症状がない時”の項目に「マスターベーション」や「バーチャルセックス」もピックアップされている。「一人なので安心して励んで欲しい。」ということなのだろう。

これをグローバルニュースのレポーター、カミル・カラマリ氏がツイッターに取り上げると、大きく拡散。

2020年デートはおかしいな!」「ドアノブをとったから俺のドアノブを入れる」「今週末はホームセンターが忙しくなるぞ」といったコメントが多数寄せられていた。

ロンリーな方は安心して一人で励んで欲しいが、パートナーがいる方は相手の体調に気をつけて無理をなさらないように心がけてほしい。

 

参照元:TwitterBCCDC

【マジか!?】カナダの疾病センターがコロナ禍の性生活においてAVでよく見る”あのプレイ”を推奨