明治安田生命J1リーグ第7節、鹿島アントラーズvsFC東京が26日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、2-2のドローに終わった。

前々節、ザーゴ新体制初白星を手にした鹿島だが、前節の湘南ベルマーレ戦を0-1で落とし、1勝5敗の17位に低迷。さらに、初白星の立役者となった上田が負傷離脱するアクシデントにも見舞われた。昨季、2位チームホームで迎え撃った今節では先発5人を入れ替え、伊藤と遠藤が2トップコンビを組んだ。

対するFC東京北海道コンサドーレ札幌とのアウェイゲームを室屋の劇的同点ゴールでドローに持ち込み、3戦無敗を継続。2戦ぶりの白星を目指すこの一戦に向けては先発6人を変更。先発復帰の永井がディエゴ・オリヴェイラと2トップを組み、左サイドハーフに入った内田宅が今季初出場を飾った。

後方からボールを繋ぐホームチームに対して、アウェイチームが前から圧力をかけていく。開始3分には三田とのワンツーで右サイド深くに侵攻した室屋からクロスを受けた永井がボックス左からシュート。さらに、GKが弾いたボールに安部が詰めるもシュートを枠に飛ばせない。

その後もハイプレス、リトリートをうまく使い分けながら鹿島の攻撃をしっかりと封じるFC東京が優勢に試合を運ぶ。自慢の2トップを起点にボックス付近でのプレーを増やしていくと、28分にはボックス手前で得たFKの場面で森重がブレ球のミドルシュートを枠に飛ばすが、GKクォン・スンテの好守に遭う。

一方、なかなか良い形でアタッキングサードまでボールを運べない鹿島だったが、見事なカウンターゴールをこじ開ける。34分、自陣でのエヴェラウドのボール奪取からカウンターに転じると、右サイドフリーとなった広瀬が絶妙なクロスゴール前に供給。最後はファーに走り込んだエヴェラウドが打点の高いヘディングで合わせた。

ワンチャンスを生かして先制に成功した鹿島は42分にも左CKから町田がクロスバー直撃の惜しいヘディンシュートを放つなど、良いリズムの中で試合を折り返しかけるが、前半終了間際に悪夢の展開が待っていた。

失点以降、我慢の戦いとなっていたFC東京は45分に左CKを獲得。キッカーの三田がニアサイドへ正確なボールを入れると、マークを振り切った渡辺が巧みなヘディンシュートをファーポストに流し込む。さらに、前半アディショナルタイム5分には右CKの場面で三田のインスウィングのクロスゴール前でGKに競り勝った森重が頭で合わせ、ラストプレーで逆転した。

ハーフタイム直前の連続失点で気落ちも予想された鹿島だったが、勢いを持って後半に入る。キックオフ直後にエヴェラウドのシュートでアウェイチームゴールを脅かすと、遠藤が続けて惜しいシュートを放つなど、ゴールを匂わせる仕掛けを継続する。

一方、得意のカウンターがハマり易い展開となったFC東京はアダイウトン、紺野と個人技に特長を持った選手を投入し、ディエゴ・オリヴェイラと共に幾度も鋭い縦への仕掛けを見せていくが、最後のところで決め切れない状況が続く。

すると、オープンな展開が続く中で鹿島の選手交代が後半最初のゴールをもたらす。67分に伊藤、ファンアラーノに代わって入った土居と和泉は75分、相手陣内で遠藤との連係で攻撃を構築。そして、ボックス手前左で遠藤が上げた浮き球のクロスに反応した土居が後方からのボールを巧みな左足ボレーで流し込んだ。

この同点ゴールキッカケにここからは鹿島が躍動を見せる。82分にエヴェラウドが見事なオーバーヘッドスタンドを沸かすと、85分には相手陣内でボールを奪った遠藤がGK林のポジションを見極めてロングシュートスーパーゴールでの勝ち越しかに思われたが、惜しくもクロスバーを叩いた。

試合最終盤にも永木のプレーキックから惜しい場面を作り出した鹿島だったが、最後のところで粘るFC東京の守備を崩し切るには至らず、試合は2-2でタイムアップ。互いに勝利のチャンスがあった白熱の一戦は痛み分けのドローに終わった。

鹿島アントラーズ 2-2 FC東京
【鹿島】
エヴェラウド(前34)
土居聖真(後30)
FC東京
渡辺剛(前45)
森重真人(前50)