9月19日東京ゲームショウにて、今秋テレビ東京系で放送がスタートするドラマ「東京トイボックス」の制作発表&トークショーが行われた。

本作はゲーム業界を舞台に、“ものづくり”に賭ける人間たちの情熱を描くハートフルストーリーで、2012年マンガ大賞で2位に輝いた、うめ先生(小沢高広さん・妹尾朝子さん)の『東京トイボックス』が原作。

破天荒ゲームクリエーターを要潤さんが演じ、ヒロインにはAAAの宇野実彩子さん、敵役には福士誠治さんを迎えゲーム業界に生きる人々をリアルに、そして熱く描く熱血群像ドラマとなっている。

番組提供会社であるガンホー・オンライン・エンターテイメント、原作のモデルとなった株式会社アクワイアが全面的に作品製作にバックアップし、実際のゲーム製作現場を忠実に再現、美術セットのみならず、キャストへの専門用語、言い回しなど台詞へのアドバイスが行われ、リアリティを追求してる。

主演の要潤さんは現場について「始まって1週間足らずに関わらずとてもいい雰囲気です。」とコメントする一方、役作りのためにやり始めたパズドラにのめり込むあまり、他のキャストさんとのコミュニケーションをおろそかにしてしまう面もあったと告白。

舞台となる「スタジオG3」については13年前要さんが演じていた仮面ライダーG3との縁を感じ、仮面ライダー時代は設定上経験できなかった「変身シーン」を堪能できている模様。

今回が初ヒロイン役となる宇野実彩子さんは、役との共通点について「ゲーム音痴」であることを上げ、逆にバリバリのキャリアウーマンである月山星乃を演じるにあたって、本来自分の持っているマイペースな部分を抑える努力をしたとのこと。

ライバルの仙水伊鶴を演じる福士誠治さんは劇中で女性秘書に膝枕されるシーンなどについて「楽しい」と笑顔で答え、会場の笑いを誘った。

続いて登壇した原作者のうめ先生は「原作越えを期待している」とコメント。実際に撮影現場に足を運び、ドラマの製作陣の熱い仕事ぶりに作品中のクリエイターとの共通点を見たとのこと。

「東京トイボックス」は10月5日(土) 夜11:55スタート

東京トイボックス 公式サイト
http://www.tv-tokyo.co.jp/tokyo_toybox/

東京ゲームショウ2013 ドラマ「東京トイボックス」制作発表&トークショーより