堤真一と石田ゆり子が共演し、堤幸彦監督がメガホンをとる映画「望み」の主題歌が、シンガーソングライターの森山直太朗が本作のために書き下ろした「落日」に決定した。

【写真】愛する息子は殺人犯か、それとも被害者か――「望み」ポスター画像

人気作家・雫井脩介氏による小説を映画化した本作は、「愛する息子は殺人犯か、それとも被害者か」という"究極のシチュエーション"に置かれた一家の運命を描き出す。堤、石田が夫婦を演じ、岡田健史、清原果耶、加藤雅也、市毛良枝、松田翔太、竜雷太らが共演する。

森山は、製作陣から「コロナ渦の今だからこそ、そばにあるものを大切にして、明日への希望を失わずに前を進む楽曲にしてほしい」というハードルの高いオファーを受け、「落日」を書き下ろした。「物語の中にあるなんの変哲もない景色や堤監督が描く家族の心の機微を歌中に閉じ込めました」と楽曲に込めた思いを明かし、「四角い家の中で通い合う心、いつものように響く『おかえり』の声、散らかったリビング。当たり前にあると疑わない親子の絆を改めて考えさせられました」と振り返る。

かねて森山と仕事をしたいと思っていたという堤監督は「『落日』をいただいたときは感動しました。文字通りうち震えました。一言では語れないストーリーの余韻を完璧に表現し、映像化できない映像を視ることができると思います」とコメントを寄せた。

「望み」は10月に全国公開。

主題歌を担当した森山直太朗