コロナ禍を契機に自身のキャリアを振り返ってみて、転職を視野に入れて動きはじめている人も多いはず。場合によっては、否応なく転職せざるを得ない状況に陥っている人もいるだろう。

 パイロットから、キャリアアドバイザー、ベンチャー企業の人事職を経て、現在では老舗の皮革商品製造メーカーの人事課長・西島悠蔵さん(@NishijimaYuzo)は、転職活動をポジティブに捉えている。

パイロット
西島悠蔵さん。パイロットから転職し、現在は老舗の皮革商品製造メーカー勤務
 さまざな業界での転職経験で変化に対応しながらも、市場価値を上げ続けている西島さんに、自身のキャリアについて語ってもらった。

ANAパイロットからの転職

――憧れる職業のイメージが強いパイロットを辞めて、転職しようと思ったきっかけは何でしたか?

西島悠蔵(以下、西島):前提として「大手に行きたい」「分かりやすい成功がほしい」って気持ちが就活時から強かったんです。そんな理由で就職をしたので、入社した後も、働く理由は「女の子にモテるため」「年収のため」と言い切っていました(笑)

 だから「何でパイロットをやっているのか」同期と語り合ったとき、彼らが「たとえ年収が200万〜300万円だったとしても今の仕事を続けたい」と熱く語っているのを見て、「あ、ここじゃないのかな」と考えるようになっていました。同期は小さい頃からパイロットになりたいのに、僕はそこまで思い入れが持てなかったんです……。

――なるほど、当初から周りとのギャップを感じていたんですね。

西島:そうですね。仕事は楽しかったし、同期や人にも恵まれました。ただ、周りとの温度差はどうしても拭いきれなかったんです。かたや小さい頃からのあこがれの職業。かたや大手に行きたいと思っていた学生がたまたま受かった仕事。ココには大きな熱量の差がありました。自覚もあって、飛行機のことを勉強するよりもビジネスを学ぶほうが楽しかったんです(笑)

 会社からもパイロットに向いてないということは何度も言われていて、最終的に「地上に降りるか、会社を辞めるか」という話になりました。そこで自分を押し殺してまで続けたいとは思えなかったので転職を視野に入れて動きはじめました。

転職して初めて気づいた幸せのカタチ

就活 転職
イメージです
――ご自身のキャリアを歩んでゆくなかで、心境や価値観が変化されたことは何かありますでしょうか?

西島:転職活動をしている時、どこに行っても「空を飛べるのはすごい面白い。でも、何ができるの?」と聞かれました。大手にエントリーシートを出しても軒並み門前払い。ただ、リクルートキャリアだけが唯一ちゃんと向き合ってくれて、スキルは全くなかったけど、ポテンシャルを評価してくれました。そして「何もできないんだから努力しろよ!」と覚悟を問われて、握手しました(笑)

 リクルートキャリアに転職した後は、キャリアドバイザーを2年、人事を3年ほど経験しました。最初に担当していたのはコンサルティングファーム。比較的年収も高い方々の面談や転職斡旋をしていたのですが「年収を下げてでもいいから、家族との時間が欲しい」という方が結構な割合でいたのが驚きでした。「お金だけじゃなく、いろいろな幸せのカタチがあるんだな」って初めて気づくことができましたね。

学生の前で号泣してしまったワケ

――人事の道を歩まれたのは、そこが出発点だったのですね。

西島:なんとなく面談や人のために仕事をすることが楽しいなと感じていたのですが、新卒採用に携わった時の出来事が印象深く経験として残っています。インターンシップで学生6人ととことん向き合うというプログラムだったので、たくさんの人と向き合ってきたのですが……。「あぁ、人と向き合うって難しいな」という想いと「自分と向き合ってこなかったな」っていう感情が一気に溢ふれ、学生の前で号泣したんですよね……(笑)

――……! いったい何があったのですか?

西島:パイロットを辞めた経験を話しているうちに、たぶん自分の感情をずっと何かに押し留めて仕事に邁進してきたんです。パイロットを辞めることも心のどこかでは引っかかるところがあって、そういう部分を学生の前で初めてさらけ出したからだと思います。

 でもその時に、本音で向き合う面白さや難しさに気づくことができ、これからは人事で飯を食っていくという決断もできました。

さまざまな業界への転職経験

パイロット
勢いで転職したら見事に撃沈したことも
――いろいろな選択肢がある中で、これまでさまざまな業界に転職をされてきて、転職活動を成功させるコツはあるのでしょうか?

西島:パイロットから転職する時は、面談でけっこう落ちましたよ(笑)。勢いでアクセンチュアとファーストリテイリングを受けたのですが見事に撃沈。「パイロットを続けたほうがいいよ」なんて言われて、この世界から出られないんじゃないかって不安はありました。冷静にキャリアチェンジはやはり難しいということですね。

 リクルートキャリアでは人事としてキャリアを多少積めたので、いろいろな企業からオファーをいただきました。余談ですが、(2度目の転職先である)ベルフェイスは一番条件が悪かったのですが、無名のベンチャー企業でチャレンジしたい思いもあって、そこに決めました。

――現在の会社にはどのような経緯で入られたのでしょうか?

西島:きっかけは、数年前、一緒にイベント登壇した人で「あぁ、この人と一緒に働いたら面白いな」って思った人がいたんです。出会いはツイッター経由でしたが……それが今の上司です(笑)。今の会社は当時まったく知らなかったのですが「(この人がいるなら)じゃあ行きます」と思いました。それでも入社する時には、副業、リモートワーク、フレックス出勤を実施するため生意気にもいろいろと交渉しましたね(笑)

 たまたま会社側も多様な働き方を叶えるために、制度の導入に向けて準備を進めていて、タイミングもうまくマッチしました。創業から50数年やっている会社がこんなスピード感があることにビックリしましたし、時代に合わせて変わっていけることに安心感を覚えました。

SNSで広がるコミュニケーション

パイロット
「本当に激動の2年間だった」と語る、西島さん
――西島さんは会社以外のところでコミュニティを作っていたり、SNSで情報発信などをしていますが、個人で活動する価値は何でしょうか?

西島:大きな価値としては、自分に情報が集まりやすくなること。人事業界のなかで自分のキャリアを考えたら、正直そんなに大したことしていないと思いますが、積極的に情報発信をすることで繋がりがたくさん増えました。ツイッターも開設してからまだ2年くらいですが、本当に激動の2年間でした。実際、今の上司との出会いもツイッターだったので、不思議な感じはありますね。

 人事としての観点で言うと、ツイッターで学生との接点が持てるようになりましたし、個別でメッセージもたくさんきます。「第一志望から内定もらいました」「あの時はお世話になりました」ってお礼や報告がきたり、会社とはまったく関係ないところで評価されるっていうのはまた別の嬉しみがあります。

<取材・文/黒岩秀利>

【西島悠蔵】
パイロット、キャリアアドバイザー、人事職を経て、現在は、老舗の皮革商品製造メーカーの人事課長となる。地方や海外に住む学生のためのオンライン就活サービスオンライン就活」の運営を務め、オンラインキャリアセミナーを開催。Twitter:@NishijimaYuzo

【黒岩秀利】

大学卒業後、ロンドンフリーライターとして活動。帰国後、大手広告会社で、求人広告の記事制作に従事。現在はフリーランスとして、Webライターの他にも、編集、ディレクションなどをやっています

西島悠蔵さん。パイロットから転職し、現在は老舗の皮革商品製造メーカー勤務