サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い)

サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。

今回は、トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインが決めたハットトリックだ。


2014-15シーズンのケインはシーズン途中からマウリシオ・ポチェッティーノ監督の信頼をつかむと、一気にスターダムをのし上がる。

2015年3月21日に行われたプレミアリーグ第30節のレスター・シティ戦ではプレミアリーグの舞台で自身初となるハットトリックを達成している。

まずは、試合開始早々の6分、左CKのチャンスから味方のシュートのこぼれ球がゴール前のケインの前にこぼれ、ややラッキーな形で先制点を記録する。

さらに13分、右サイドを突破したDFカイル・ウォーカーが速いクロスを入れると、相手DFがクリアし損ね、ケインの元へ。ダイレクトで放ったシュートは相手DFに当たるも、コースを変えてゴール左に吸い込まれていった。

この後、トッテナムはリードを守れず同点に追いつかれるが、64分にDFダニー・ローズが獲得したPKをケインが落ち着いて沈め、勝ち越しに成功。ケインもハットトリックを達成し、トッテナムは最終的に4-3で勝利した。

このシーズンのケインは最終的にリーグ戦34試合21得点を挙げ、惜しくもリーグ得点王には届かなかったものの、PFA年間ベストイレブンとPFA年間最優秀若手選手賞を受賞している。
サムネイル画像