株式会社アルファポリス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:梶本雄介、以下「アルファポリス」)と、東宝株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:島谷能成、以下「東宝」)は、AI(人工知能)を活用した新時代のヒットコンテンツの創出を目指して、絵本『ゆめレスキュー』のAI子守唄PVをリリースいたしましたので、お知らせいたします。



AI子守唄の作詞PUFFYの大貫亜美さん歌唱はPUFFYのお二人が担当!
「ゆめレスキュー AI子守唄プロジェクト」は、絵本『ゆめレスキュー』の世界観をベースとして、AIによって最強の子守唄を制作するプロジェクトです。
AIが複数の候補楽曲を生成し、その候補楽曲を実際に未就学児童に聴かせてみて、入眠効果を測定し、最も効果があったものをAI子守唄として制作しました。
完成した楽曲に歌詞をつけたのは、PUFFYの大貫亜美さん! そして、PUFFYのお二人が歌唱を担当!
大貫亜美さん】
【吉村由美さん】


■子守唄の提供は日本子守唄協会、AI子守唄の制作・監修は東京都市大学、クリムゾンテクノロジー株式会社が担当
AIが楽曲を生成するための学習データは、NPO法人日本子守唄協会にご提供いただき、AI子守唄の制作・監修は東京都市大学、クリムゾンテクノロジー株式会社にご担当いただきました。

NPO法人日本子守唄協会】
東京都市大学】


子供の寝かしつけに頭を悩ます親御さんを助ける AI子守唄ついにリリース
プロジェクトで制作した楽曲『ほうやれほ』に『ゆめレスキュー』のアニメーションをつけたPVは、以下でご覧いただけます。

ほうやれほ
歌/PUFFY 作詞/大貫亜美 編曲/渡辺シュンスケ

https://youtu.be/w3TflKLk6Og


728日、ゆめレスキュー絵本刊行
本PVのリリースに合わせて、アルファポリスより絵本『ゆめレスキュー』を刊行いたします。
タイトル:ゆめレスキュー
著者:NOBU(のぶ)
発売日:7月28日(火)
    ※地域によって流通が遅れる可能性があります。
定価:本体1,500円+税
試し読みはこちら:https://ehon.alphapolis.co.jp/publish/6592

あらすじ
みんなが寝静まったころ、夜空に現れる大きなまくら型の宇宙船。そこには、「ゆめレスキュー」というバクの乗組員たちがいて、悪い夢を見ている子がいないか見守っているよ。困っている子を見つけたら、夢の中に駆けつける! ゆめレスキューが今夜も大活躍。2018年1月に開催した東宝×アルファポリス「第10回絵本・児童書大賞」大賞受賞作、ついに刊行!


プロジェクト公式サイトオープン
「ゆめレスキュー AI子守唄プロジェクト」公式サイトがオープン
ゆめレスキュー AI子守唄プロジェクト公式サイト
https://yume-rescue.com/

ゆめレスキュー公式Twitter
https://twitter.com/yume_rescue


株式会社アルファポリスについて
2000年設立、資本金8億6382万4400円(2020年3月現在)。
株式会社アルファポリスはネット発の人気作を出版することに軸をおいた出版社です。誰でも自由に小説や漫画等の作品を投稿・登録できるWebサイト「アルファポリス」を運営し、その投稿・登録作品から「虹色ほたる 永遠の夏休み」「ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」「居酒屋ぼったくり」等、次々とヒット作を手がけてきました。2017年10月、新たなクリエイターの発掘、および新たなヒットコンテンツを創出・育成していくことを目指し、東宝株式会社と業務提携契約を締結。(URL https://www.alphapolis.co.jp/


東宝株式会社について
1932 年設立、東証 1 部上場(1949 年 5 月)、資本金 103 億 5584 万円(2020 年 2 月時点)。
東宝株式会社は、映画・演劇・不動産を事業の三本柱としながら幅広いエンタテインメントを提供する事業を営んでおります。
映画事業においては、製作から配給・興行まですべての事業分野をグループ全体でカバーしており、国内トップシェアを有しております。昨年は企画・製作・配給を自社で手掛けた「天気の子」がTOHOシネマズを中心に全国でメガヒットとなりました。
https://www.toho.co.jp/


■本件に関するお問い合わせ
株式会社アルファポリス 編集本部ライツ事業部 小安/太田
TEL 03-6277-1602 FAX 03-6277-1603
company_info@alphapolis.co.jp
※記載されている内容は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

配信元企業:株式会社アルファポリス

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ