メイン画像

東北を中心に記録的な大雨となっており、28日夜も東北南部や北陸は激しい雨の降る所があるでしょう。29日の朝は九州北部や中国地方、北陸で雨の降り方が強まります。太平洋側も午後は急な雨や雷雨に注意が必要です。

東北を中心に土砂災害や洪水の危険度が高い

画像A

きょう28日、未明から明け方にかけては東北北部を中心に発達した雨雲がかかり、秋田県では非常に激しい雨の降った所がありました。激しい雨のエリアは徐々に南へ下がり、日中にかけては山形県宮城県新潟県の下越を中心に大雨となりました。そして午後6時現在は福島県新潟県の中越を中心に雨脚が強まっています。
山形県宮城県の雨のピークは過ぎつつありますが、夜9時頃にかけては局地的に激しい雨が降るでしょう。これまでの大雨により土砂災害や洪水の危険度が非常に高まっている所があります。雨の降り方が弱まっても、油断せず、安全な場所でお過ごしください。
また、新潟県では夜9時頃にかけて、福島県富山県石川県福井県では、夜遅くにかけて激しい雨や雷雨となる所がありそうです。

水曜 日本海側は朝 太平洋側は午後 急な強い雨や雷雨に注意

画像B

あす29日、朝は日本海側に発達した雨雲がかかりそうです。九州北部は激しい雨の降る所があるでしょう。中国地方や北陸も雨や雷雨で、一時的に雨脚が強まりそうです。一方、太平洋側は日の差す所もありますが、午後はあちらこちらで雨雲や雷雲がわくでしょう。天気の急な変化に注意が必要です。

大雨 まだ続く?

画像C

週末にかけても関東甲信や北陸、東北南部は曇りや雨の日が続きますが、週間天気図では日本付近に梅雨前線は見られません。雨が降ることはあるものの、記録的な大雨にはならないでしょう。この先は続々と梅雨明けの発表があり、長雨の季節はようやく終わりを迎えそうです。
一方で、梅雨が明けると猛烈な暑さが襲ってきます。例年、梅雨明け直後は熱中症にかかる人が一気に増えますので、これまで以上に暑さ対策を念入りにしてお過ごしください。

火曜夜も激しい雨に警戒 水曜朝は日本海側で激しく降る 大雨いつまで?