将棋界の早指し王を決めるオリジナル対局番組の新シリーズ「第3回AbemaTVトーナメント」の、本戦トーナメント準決勝の模様が8月1日(土)と8月8日(土)夜5時より、決勝の模様が8月22日(土)夜5時より、ABEMA内将棋チャンネルにて生放送されることが決定した。

【写真を見る】将棋界の早指し王「第3回AbemaTVトーナメント」準決勝&決勝対局表

トーナメントは、2019年4月に放送された「第2回AbemaTVトーナメント」に続く、第3弾となる。優勝賞金1000万をかけて、将棋界初のドラフトにて決定した全12チームによる団体戦で争われる。

本戦では、将棋界を代表する、豊島将之竜王名人、渡辺明二冠、永瀬拓矢二冠、木村一基王位、佐藤康光九段、三浦弘行九段、久保利明九段、佐藤天彦九段、広瀬章人八段、糸谷哲郎八段、稲葉陽八段ら棋士たちがリーダーとなる11チームに、本トーナメントの企画にたずさわった羽生善治九段がリーダーとなる“Abemaドリームチーム”を加えた全12チームがし烈に戦ってきた。

その本戦を勝ち抜いた、チーム渡辺(渡辺二冠、近藤誠也七段、石井健太郎六段)、チーム永瀬(永瀬二冠、藤井聡太棋聖、増田康宏六段)、チーム康光(佐藤九段、森内俊之九段、谷川浩司九段)、チーム三浦(三浦九段、高野智史五段、本田奎五段)の4チームが、トーナメント準決勝への出場となった。

今回も、対局は持ち時間5分で開始し、一手指すごとに5秒が加算、持ち時間が切れると負けとなるフィッシャールールの“AbemaTVルール”が採用されている。

将棋界最強のチームの、最終決戦を見ることができる。(ザテレビジョン

将棋界の早指し王を決めるオリジナル対局番組「第3回AbemaTVトーナメント」