コロナ禍を契機に自身のキャリアを振り返ってみて、転職を視野に入れて動きはじめている人も多いはず。場合によっては、否応なく転職せざるを得ない状況に陥っている人もいるだろう。

 パイロットから、キャリアアドバイザー、ベンチャー企業の人事職を経て、現在では老舗の皮革商品製造メーカーの人事課長・西島悠蔵さん(@NishijimaYuzo)は、転職活動をポジティブに捉えている。

パイロット
パイロットから転職し、現在は老舗の皮革商品製造メーカー勤務の西島悠蔵さん
 さまざな業界での転職経験で変化に対応しながらも、市場価値を上げ続けている西島さんに、自身のキャリアについて語ってもらった。前回のインタビューでは、主に自身のキャリアについて語ってもらったが、後編ではさらに具体的な転職活動のノウハウを教えてもらう。

目の前の仕事にコミットする

――ずばり転職活動を成功させるコツはありますか?

西島:「目の前の仕事にどれだけコミットしているか」が大事になってきます。今の環境がぬるくて成長できないって人は、たとえ環境を変えたとしても同じ結果になるかと思います。まずは目の前の仕事をしっかりやりきって、プラスの状態で終えれるように考えたほうがいいですね。

 もうひとつは、自分が「何ができて、何ができないのか」わかりやすく言語化すること。話していて、どんなに素敵な人であったとしても、この会社に入って何ができるのかが不明瞭だと、人事としては通過させる意味がない。これは自己分析にも繋がっていきますが、自分のことはもちろん、入りたい企業が何を求めているのか、しっかり理解しておくことが大事です。

自分らしさをアピールする

プレゼン
※画像はイメージです
――たくさん面談をするなかで、「残念な人」ってどのような人でしょうか?

西島:転職時に企業が求めている人材に寄せすぎて、自分の魅力や自分らしさを殺し過ぎちゃう人は、もったいないと思います。

 それっぽく聞こえる似たような話ではなく、もっと他に頑張っていたこととか、魂込めて伝えられることがあるんじゃないかって思うシーンはよくありますね。原因としては、面談の際に上下関係が自然とできてしまっているからだと思います。

 ここ数年は売り手市場だから「企業と転職者の関係はフラット」ってよく聞きますが、実際はすごく複雑なのでフラットではないんです。どうしても、内定が出るまでは企業側が優位になってしまうので、ジャッジされる側は良い格好しようの心理が働いてしまうのだと思います。

転職は「スタンス」より「スキル」を重視

――転職活動ではどのように振る舞いを変えれば良いでしょうか?

西島:社会人になると、学生よりたくさん経験が積める分、スキルをどの程度持っているのか、どれくらいの期間で戦力として対応できるようになるかを重要視していきますね。加えて、やはり年齢を重ねていく分、ポテンシャルで見るのは小さくなってしまうので、いかに早く即戦力になるかって目線で見ています。

――なるほど、即戦力になるためにも、自分のスキルや経験を堂々とアピールしていけばいいのですね。

西島:そうですね。「スキル」と「スタンス」の割合は、年齢と共に変わってきます。たとえば新卒22歳で営業職をスタートする人が、5年、10年と経験を積むと一定のスキルが身につきます。転職、もしくはキャリアチェンジで入ると、スタート地点が新卒と比べると短い期間で求められる戦略レベルが高くなる。つまり、求められるレベルに達するにはより鋭角での成長が必要になってきます。

 僕がリクルートキャリアに中途で入社した際、「君は同世代に何年で追いつくの?」と問われました。まさに、先に入社している人材よりもより早く成長しないと追いつけないということです。新卒は「スタンス」重視で見られるけど、だんだん割合が変わってきて、最後には「スキル」のほうが大きくなるイメージ。なので歳を取るとキャリアチェンジがしづらくなると言われているのかと思います。

パイロット
スキル」と「スタンス」の説明する西島さん。入社が遅れると、求められるスキルに到達するのは大変

進む方向性を決める

――転職をするのに年齢は関係ありますでしょうか?

西島:関係ないと言いたいのが本音なんですが、20代ではいろいろなことに挑戦して、どんどん失敗を重ねれば良いですが、30代では自分の方向性をある程度決めたほうがやりやすいと思っています。

 20代と30代ではキャリアの積み方が異なると思っています。たとえば人事やプログラマーなど業種を決めていたら業界はある程度変更が可能。僕の場合だと、30代以降はもう人事で生きていこうって決めていて、前にいたIT業界とは全く違う製造業に転職しました。

 もちろん30代から未経験でやれるものも探せばありますが、全く未知の世界を探すよりも、どんな山(業種)に登るかは20代のうちに決めたほうが良いと個人的には思います。

オンライン時代こそ、オフラインに

――コロナ禍の影響もあって、オンライン面談など、転職活動もカタチが変わってると思いますが、オンラインになったことのメリットは何でしょうか?

西島:オンラインメリットは、地域に関わらず誰でも平等に情報が取れることですね。実際、2020年弊社の新卒採用ではオンラインで海外や地方の学生にもしっかりアプローチできていいました。関東出身の学生は1割から2割程度。学生や転職者にとっては恩恵を受けているのではないでしょうか。

 逆を言えば、オフラインの価値がどんどん変わってきています。会った時の感動が大きい分、どのように付加価値をつけていくかが大事ですね。弊社の採用活動は全てオンラインですが、内定後は通知書とともに人事から手紙を渡しています。全てオンラインではなく、アナログの部分もしっかり残しておくことで、バランスは取るようにしています。

新しい価値観に柔軟に対応する

パイロット
今までのやり方が全く通用しないことに気づいた
――これからの時代に求められる人材は、どのような人でしょうか?

西島:アンラーニング(unlearning)のスキルがある人と、変化に対応できる人ですね。アンラーニングとは、いい意味で今までのやり方を疑ったり、捨てて新たに学び直すことです。例えば僕がリクルートキャリアからベルフェイスに移った時、今までのやり方が全く通用しないことに気づきました。

 ベンチャーならベンチャーのやり方があるので、一旦学んできたものを捨ててでも、新しいものを学んでいく姿勢が大事です。日々、面談など通じていろいろな方とコミュニケーションを取る中で、世の中が大きく変化していることを実感します。

 もうひとつの変化に対応できる人にも共通するところではありますが、今までのやり方やルールにこだわるのではなく、世の中の変化に柔軟に対応できる人が求められていると思います。

<取材・文/黒岩秀利>

【西島悠蔵】
パイロット、キャリアアドバイザー、人事職を経て、現在は、老舗の皮革商品製造メーカーの人事課長となる。地方や海外に住む学生のためのオンライン就活サービスオンライン就活」の運営を務め、オンラインキャリアセミナーを開催。Twitter:@NishijimaYuzo

【黒岩秀利】

大学卒業後、ロンドンフリーライターとして活動。帰国後、大手広告会社で、求人広告の記事制作に従事。現在はフリーランスとして、Webライターの他にも、編集、ディレクションなどをやっています

「スキル」と「スタンス」の説明する西島さん。入社が遅れると、求められるスキルに到達するのは大変