好きな人とは、ただ一緒に居られれば幸せだと思うでしょう。

しかし、一緒に居るからこそ、見えなくなっていることもあります。

もっと広い視野で、関係を見直す必要がある場合も。

今回はそんな、「別れたほうが幸せになれるシチュエーション」について、女性たちの経験をもとにご紹介します。

一緒に居ても会話がなくイライラする

「彼と付き合って目立つようになったのが、怠けグセでした。洗濯や掃除など全部私がやって、自分で何もやらないんです。そのうち一緒に居ても会話がなく、イライラするようになり別れました。でも、そのあと連絡を取ったら、少しは自分でも動くようになったみたいです」(28歳/医療)

一緒に居ても会話がなく、不満ばかりが募るようなら、それは苦痛なだけです。

それが当たり前になるのもおかしいこと。別れるという選択肢もありです。

また、別れて彼女がいなくなることで、彼もその存在の大切さを実感することもありますから。

昔はあった結婚の話がもう出ない

「彼から告白されたとき、結婚を考えているという話でした。なので、両親にご挨拶に行くことになったんだけど、その日取りがなかなか決まらず。流れに流れ、まったく話が出なくなりました。今はその人と別れ、別の人と結婚しました。ズルズル一緒に居なくて良かったです」(32歳/保険)

結婚はタイミングだとよく言われます。そして、勢いも大事。

タイミングを逃すと、それが次いつ来るかはもう分かりません。

待つのか、それとも次に進むのか……。別れて別の相手を探すという道を選ぶのは、決して悪いことではありません。

2人の予定より自分の用事を優先させる

「私は実家暮らしだったので、会うときは彼の家でした。毎週のように通っていました。でも、別にどこに行くわけでもないんです。ずっと家。だんだんと友だちとの予定を優先するようになり、これは付き合っていても意味ないと思って、別れました」(25歳/飲食)

ほとんど生存確認のために会いに行っている状態だったんでしょう。その先の展開もなさそうですよね。

それなら、友だちと過ごしたほうが有意義です。

もし、彼がそこで付き合いに制限をしてくるようなら、間違いなく別れるべきでしょう。

ほかにいいなと思う人がいるが浮気はできない

「彼とは付き合って5年。あるとき、仕事の繋がりであった男性から、食事の誘いを受けるように。私も気になっていたので、行きたい気持ちはあるけど、彼を裏切れずに断っていました。でも、どんどん苦しくなってきて……。彼と別れ、今は新しい人と会っている状態です」(30歳/通信)

どこまでが浮気かという線引きは難しいところです。

食事をするだけでも浮気だと思ってしまう人もいるでしょう。でも、すでに心は動いてしまっているわけです。

押さえ込んでも辛くなるだけ。浮気が許せないのであれば、彼とはいったん別れ、引け目を感じず相手と向き合える状態にすべきでしょう。

おわりに

どんな相手でも、別れるときは辛いもの。

そんな思いをしたくないからと、止まってしまう場合もあるでしょう。

ただ、それで大きな幸せを逃してしまうこともあります。あとで後悔しない道を進んでください。

(大木アンヌ/ライター

(愛カツ編集部)