どうもあかりです。かわいさやスタイルの良さ、あるいは性格面で優れていることといったような、彼女の「女性としての魅力」も大事です。
しかし男性にとっては、彼女自身の魅力とは別の問題として、「いい恋ができているか」という視点も非常に重要。
要するに、いくら彼女が「素敵な女性」でも、それが「素敵な恋」と呼べるものじゃなきゃ100点中50点しか取れてませんよということです。
そして残りの50点を取り逃さないようにするには、タイトルにもある「こういう恋がしたかった……」という男性の願望を叶えてあげることが重要。
今日は、そんな彼女でいてあげるために、ぜひ実践していただきたいことについてご紹介していきます。


「こういう恋がしたかった……」って思わせることの大切さ





「恋」そのものに対する憧れ
みなさん自身にも、「恋に対する憧れ」ってあると思います。
「誰と付き合いたい」とか「この人のこういうところが好き」とか、そういったもの以前に、「私はこういう恋がしたい」という憧れが。
むしろ、「これを叶えるために恋をしています」とすら思えてしまうような憧れが。
この「恋」そのものに対する憧れと呼べるものは、男女問わずみんな持っているものです。
しかし、重要なポイントとして男性は、たとえいま彼女がいても、この「恋そのものに対する憧れ」が満たされるまで、恋に飽き足らないことが多いという点は覚えておくべきです。
要するに、いまの彼女で「こういう恋がしたかった……」を全部満たすことができない場合、いくら今の彼女がかわいくて、性格も良くてそれなりに好きでも、浮気やその他の手段によって、「こういう恋がしたかった……」願望を満たそうとする習性を持ちがちだということです。

大事なのは男性が思う「ザ・憧れの恋」を知っておいてあげること
「恋に対する憧れ」というのは、多くの場合、実体験に基づくものではなく、ドラマとか小説とか映画とか、そういった作り話に基づく理想的なイメージに過ぎません。
だから、大雑把な見方をすれば、男性が抱く「恋に対する憧れ」って、みんな大体似たり寄ったりです。
ということは、自分が誰と付き合うのであっても、男性って、基本的に恋愛に対してこういう憧れを持ちがちだよねという一般論を知っておくだけで、ほとんど誰を相手にしても、戦えてしまうということです。
これらを踏まえたうえで、みなさんにぜひ頭に入れておいてほしい一般論としてあなたの好きな彼氏にもきっと使える「ザ・憧れの恋」を具体的にご紹介していこうと思います。


「こういう恋がしたかった……」って思える彼女の特徴





「大人なデート」を一緒に楽しめる
相手が学生であれ、社会人であれ、「大人なデート」に対する憧れというのは、ほぼ漏れなく全男性が抱くものです。これは女性も同じですね。
ということで、みなさんも、ぜひ彼氏にとって「大人なデート」を一緒に楽しめる彼女でいてあげましょう。
「大人なデート」とは、「ちょっと背伸びデート」とも言い換えることができますね。要するに、「大人なカップルってこういうデートをするらしいぜ」とは知っているけれど、自分が今までにあまりしたことのないような、ちょっとだけ背伸びデートのことです。
さらに「大人なデート」は、「場所」と「スタイル」の2つの要素に分けられますので、順に見ていきましょう。
〇場所みなさんも、なんとなく「デートをする場所」によってそのカップルの「大人レベル」を測るという視点を持っているのではないでしょうか。
表参道や銀座、青山あたりでのデートと聞くと、なんとなく「大人感」のイメージが強くなることに納得することができるはずです。
これは言ってしまえば、やや偏見的で表面的な考え方ではありますが、所詮「憧れ」とは結局、そういった薄っぺらいものなのです。
みなさんは、自分の彼氏が「デートでよく使う場所」を知っているはずです。「放っておいたら、そこに連れていかれる場所」のことで、それが新宿だったり渋谷だったりするとしたら、ぜひあなたから、「今度、銀座でデートしてみない?」みたいに言ってあげるといいでしょう。
ただしそこで、「今度、銀座行こうよ(私デートと言ったらそこによく行くからさ)」みたいなトーンを出さないように気を付けましょう。このトーンが出ると、男性は間違いなくしょげます。
必ず、「ふたりで一緒に大人なデートに挑戦してみよう」というニュアンスで提案してあげるべし。
スタイル「場所」に限らず、「朝デート」や「夜集合デート」といった形でも「大人なデート」を演出することができますね。
「できるだけ長い時間一緒に居ようぜ!」というのはいかにも若々しいですが、たまには「あえて、ちょっとだけ会う」という贅沢なデートをしてみるのも素敵です。

「恋と仕事が両方うまくいく」を叶えてあげる

社会人男性は、必ず「仕事とうまく両立できる恋」に憧れるものです。多くの男性が、「仕事が忙しくて彼女とうまくいかなった」経験があるからこそ、より一層この憧れは強く、これが叶ったときの嬉しさもひとしおです。
スケジュール面での両立「恋と仕事が両方うまくいく」の一要素は、スケジュール的にこのふたつがバッティングしない、という点にあります。
たとえば、仕事が忙しすぎてデートキャンセルしたり、デートの数が少なくて彼女に怒られた、なんていうのは、このふたつがバッティングしてしまっている典型例ですね。
しかし、突発的な仕事や慢性的な仕事の忙しさは回避不可能な場合もあるので、重要なのは、「恋愛と仕事のバッティング」をいかにして切り抜けるか、という点です。
こういったバッティングが起きたときに、彼を責め立てるのは当然NG。そうでなく、「もー!絶対に次のデートで埋め合わせてね」とポジティブに反応してあげられると、「うまく両立できてる」実感を彼に与えられます。
ちなみにこういったときに「大丈夫だよ。気にしないで」とクールに返してしまうのは考えもの。
「内心怒ってるかも……?」と彼に思わせてしまうかもしれないので、上のように、「さみしさ+前向き」に工夫してあげましょう。
〇恋のおかげで仕事のやる気が出るまた、あなたとの恋愛が、彼にとって仕事面でもプラスの作用を及ぼすものであったらこれ以上のことはありません。
そのためにできるのは、第一に応援です。ただ「がんばれ」だけじゃなくて、「こういうところを頑張ってるよね」と具体的なエピソードとともにエールを送ってあげるのが大事です。
また、彼氏が家で仕事をしているときにコーヒーや夜食などの差し入れをあげたり、(いつもは無理でもたまに)職場で食べられるちょっとしたおやつデートのときに渡してあげるのも効果抜群です。
いきなりお弁当とかは「ガチ」すぎるかもしれないので、初心者にはこの程度がバランスとしてちょうどいいです。

「彼女がいないやつらが楽しんでること」を埋め合わせてあげる
あと、地味に重要なのがこれです。
先ほども書いたように、男性は、今の彼女で「こういう恋がしたかった……」を全部満たすことができない場合、何らかの手段によって、「こういう恋がしたかった……」願望を満たそうとする習性があります。
なので、たとえば、それなりに好きな彼女がいても、周りのフリーの男友達がコリドー街に行って楽しんでいたりするのを見ると「いいな~。俺もそれやりたい」って気持ちになって、そのままコリドー街に繰り出してしまったりするものなのです。
そこで自制心がよほど強い彼氏であればそのまま事なきを得るかもしれませんが、そうではない彼氏の場合には、浮気に発展してしまう可能性があるわけです。
なので、彼女として「彼氏の周りの彼女がいない男友達が楽しんでること」を埋め合わせてあげるというのは非常に重要なのです。
先程書いたように、コリドー街なんかが定番だけど、他にもラブホに行くとかクラブに行くとか、彼女とはあんまり一緒に行く場所ではないけど、でも「女」と行ってみたい場所に一緒に行ってあげるのってすごくいいです。
男性としても彼女と一緒にコリドー街に行ってイチャイチャできれば、「コリドー街に行きたい欲」は案外収まってくれるものなんですよね。

「俺っていい彼氏」と思わせてあげられる
やっぱり、なんだかんだ男性にとって一番憧れる恋というのは、「俺って最高な彼氏じゃん」って思える恋です。
言い換えると、自己承認欲求を満たせる恋ということですね。
よほど自己承認欲求とは無縁な、それこそ仏みたいな人間じゃない限り、「自己承認欲求を満たせる恋人」と離れる選択をすることはとても難しいです。
だって、好きな人と一緒に居られて、しかもそれによって自分自身のことをポジティブにとらえることができるなんて、そんな夢みたいな関係性ってなかなかないでしょう?むしろ「恋」の最終形態とも言えるものですよ。
そのために彼女としてすべきことは、大きくふたつ。
ひとつが、「ありがとう」をとにかく連発すること。彼氏のやる事なす事に対して、ひらすら「ありがとう」を言ってあげるだけで、彼氏は「俺のおかげで彼女は喜んでくれてる」と感じることができるので、高い自己承認に繋がります。
これはすごくシンプルですが、念のためのリマインドという趣旨です。実際、なんだかんだ出来ていない人が多いので。
そしてもうひとつが、「彼氏のおかげで起きた自分の中の変化」を彼氏に伝えてあげること。
「あなたのこういう発言がきっかけで、こういうふうに考えられるようになった」など、彼氏の言動が、自分の中でいい影響を及ぼしたということを、具体的なエピソード付きで伝えてあげられると、「俺は彼女にとってかけがえのない存在なんだ」と強く実感できます。


おわりに


残念ながら、私たちは顔のかわいさやスタイルの良さの点において、芸能人をはじめとする「生まれながらの美女」たちには敵いません。
しかし、だからといってそんな普通の私たちが「彼氏の憧れの恋」を叶えてあげられないというわけでは全くなく、それは完全に、あなたが彼氏とどう付き合うか次第で決まるものなのです。
この記事を参考に、ぜひ彼氏にとって「この子と付き合って、夢が叶った」と思われるような彼女を目指してみてください。(遣水あかり/ライター)
(ハウコレ編集部)

こういう恋がしたかった!と思える彼女の特徴