タコのカメラ略奪

 フランス、マンドリューの水中でウニと寄り添いながらお昼寝をしているタコの姿をダイバー水中カメラで撮影していた。

 すると、タコ先輩はお目覚めになったようで、カメラの存在に気が付いちゃった。触手をにゅるりと伸ばし、カメラを覆うように吸着しなすった。

 全触手フル稼働で、そのままカメラを奪い取ろうとしたのだ。これにはダイバーも大慌て。カメラについている紐を引っ張り取り返そうと、水中の綱引き合戦が始まった。

―あわせて読みたい―

タコが作った海底都市「タコランティス」の存在が明らかに(国際研究)
「先日助けていただいたタコです」人に助けられたタコが、お礼を言いたそうに翌日その姿を現し、触手でタッチ。
タコは宇宙由来?数億年前に宇宙から卵の状態で地球に飛来したとする論文が発表される(国際研究)
タコミニケーション!?タコに手をふってみたところ、触手をふりかえしてくれた件
「タコ様、こちらの物件はいかがでしょうか?」タコの家探しを手伝ったダイバー。最適の物件(貝殻)が決まってタコ満足


Playing Tug of War with an Octopus over GoPro

 ダイバーはタコのうるわしいお昼寝姿を撮影しようとGoProカメラを設置。ところがタコはこれに気が付いてしまう。「ダメダメ、プライベートの撮影は事務所NGだから!」と言わんばかりに、まずは1本の触手を伸ばはじめた。

01

 そしてカメラを包み込むように全触手をフル稼働させ、カメラをしっかり吸着させた。その様子はダイバーのもう1台のカメラで撮影された。

1

 そのままズルズルとカメラをどこかに持ち運んでいこうとする。ダイバーカメラに装着してある紐を引っ張りながら、タコとの水中綱引き合戦だ。

 魚もやってきて、タコを応援しているようだ。
 ダイバーは完全にアウェイ状態。

2

 タコの吸盤の吸着力って相当なもので、ダイバーは途中なんどか水面にあがり、また水中に入りを繰り返しつつ、カメラを取り返そうと必死だ。

 タコの方も、負けてない。こうみえて「知能の高いことで知られているタコ」だもの、あの触手この触手で攻防する。

5

 で、最後はなんとかカメラを取り返すことに成功したようだけど、でもってタコがカメラを奪い取ろうとしたのは、ただの好奇心だと思うけど、水中でタコを撮影しようとしているダイバーの皆さんの場合には、カメラの安全確保を忘れずになのだ。

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52293218.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

母親に捨てられ保護された子猫と少年の間に絆が生まれた瞬間(アメリカ)
これどんな儀式?墓地で6羽のカラスが魔法陣を組み、鹿を取り囲んでいる件
ラグドールのミカ「ほら取って来たよ!」とお庭でフェッチ遊びを楽しむ
きゃっきゃうふふがすぎる!裏庭でキツネの大家族が遊んでいた件(アメリカ)
犬は匂いを嗅ぐだけで、新型コロナ感染者を94%の確率で嗅ぎ分けられることが判明(ドイツ研究

―動画の紹介記事―

母親に捨てられ保護された子猫と少年の間に絆が生まれた瞬間(アメリカ)
これどんな儀式?墓地で6羽のカラスが魔法陣を組み、鹿を取り囲んでいる件
用務員の霊なのか?廃墟となった独房の重い扉がひとりでに閉まる怪現象(イギリス)
ラグドールのミカ「ほら取って来たよ!」とお庭でフェッチ遊びを楽しむ
きゃっきゃうふふがすぎる!裏庭でキツネの大家族が遊んでいた件(アメリカ)
事務所NGだから!タコが撮影中のカメラに覆いかぶさり吸盤で奪い取っていくシーン