イングランド4部にあたるリーグ2に所属するオールダム・アスレティックは1日、新監督に元オーストラリア代表FWのハリーキューウェル氏(41)を迎えたことを発表した。契約期間は1年間で延長オプションがついているとのことだ。

キューウェル氏といえば、現役時代にはリーズ・ユナイテッドリバプールプレーリーズ時代の2001年にはバロンドールの候補にも選出されたほどの選手だ。

リバプール時代には2004-05シーズンに“イスタンブールの奇跡”でも知られるチャンピオンズリーグ制覇を成し遂げ、2005-06シーズンにはFAカップも制している。

オズの魔法使い”の異名も持ち、オーストラリア代表としてもキャプテンとしてプレーし、56試合で17ゴールを記録。幾度となく日本と対戦し、2006年ドイツワールドカップでもプレーした。

キューウェル氏は、これまでワトフォードU-23チームクローリー・タウン、ノッツ・カウンティで指揮を執った経験があり、ファーストチームではこれで3クラブめの指揮となる。

キューウェル氏は今回の監督就任について、「このプロジェクトに興奮しているし、誤解はしないでほしいが、時間はかかるだろう。このクラブに必要なのは安定性だけなので、それを得ることができれば、成長させられると思う」と意気込みを語っている。

オールダムは、2019-20シーズンリーグ2で19位に終わっていた。

サムネイル画像