2月16日の『2020JリーグYBCルヴァンカップ』開幕戦から約半年、グループステージ第2節がキックオフを迎えようとしている。コロナ禍の中、大会は大きく変更を余儀なくされた。4チームによるホーム&アウェイ総当たりのグループステージは6試合から3試合に減少。1試合の重みがぐっと増してきた。またJ2から唯一参加していたグルーブBの松本山雅FCは第2節以降試合を実施しない運びとなった(グループBは3チーム総当たりの結果で勝ち抜けを決める)。

明日8月5日(水)に行われるグループステージ第2節に続き、第3節は翌週12日(水)に開催。プレーオフステージを廃止し、決勝トーナメントのプライムステージ準々決勝・準決勝もホーム&アウェイから一発勝負となる。各グループの1位チームの4チームと2位チーム内上位1チームの計5チームと『ACL2020』に参戦する横浜F・マリノスヴィッセル神戸FC東京9月2日(水)・プライムステージ準々決勝、10月7日(水)・準決勝、11月7日(土)・決勝で覇権を争うのだ。

約半年前に行われたグループステージ第1節の結果は次の通り。
グループA 川崎フロンターレ5-1清水エスパルス
グループA 名古屋グランパス1-0鹿島アントラーズ
グループB 浦和レッズ5-2ベガルタ仙台
グループB セレッソ大阪4-1松本山雅FC
グループC 横浜FC0-2サンフレッチェ広島
グループC サガン鳥栖0-3北海道コンサドーレ札幌
グループD 湘南ベルマーレ1-0大分トリニータ
グループD ガンバ大阪0-1柏レイソル

明日8月5日(水)に行われるグループステージ第2節のカードは以下の通り。
グループA 鹿島アントラーズ×川崎フロンターレ カシマ
グループA 清水エスパルス×名古屋グランパス アイス
グループB セレッソ大阪×浦和レッズ ヤンマー
ベガルタ仙台は試合なし
グループC 北海道コンサドーレ札幌×サンフレッチェ広島 札幌厚別
グループC サガン鳥栖×横浜FC 駅スタ
グループD 柏レイソル×湘南ベルマーレ 三協F柏
グループD 大分トリニータ×ガンバ大阪 昭和電ド

初戦で快勝発進した前回王者・川崎Fや昨年準優勝の札幌、浦和、C大阪がプライムステージ進出に王手をかけるのか、それとも混戦模様となるか。大会方式変更によって、よりスリリングかつ、よりスピーディに、そして8月8・9試合の過密日程となり、よりタフになった『2020JリーグYBCルヴァンカップ』を注視したい。

『2020JリーグYBCルヴァンカップ』開幕戦で先制点を挙げたレアンドロ・ダミアン(川崎フロンターレ)(C)J.LEAGUE