TwitterやInstagramなど、SNSを通じて多くの人に知られるチャンスが増えた昨今。友人や知り合いに有名になった人がいても、そこまで珍しいことではなくなってきました。今回は、そんなSNSを通じて有名になった友人を持つ男性が体験した、SNSのトラブルをご紹介します。

モデル アイドル
※画像はイメージです

中学時代からの友人はインフルエンサー

 野崎真也さん(仮名・25歳)には、今でもLINEやSNSでやり取りをするNさんという中学時代からの女友達がいました。彼女とは実家が近く親同士の仲もよかったことから、子供のころは家を行き来して遊ぶような関係でした。

「Nちゃんは昔からなにかと人気者というか、人が周りに集まってくるタイプで。小学生から高校生までモテていないところを見たことがありませんでした。でも、そういうのを全然鼻にかけず、あまり目立たない僕ともずっと変わらず友達でいてくれているんです」

 そんな素敵な女性であるNさん、実はここ1年前後でTwitterに投稿したメイク動画などがバズり、多くのフォロワーやファンを持つインフルエンサーになったのです。今では動画サイトでも多くの視聴者を持ち、野崎さんを含め周囲の人たちはその活躍を喜んでいました。

SNS上での会話にファンが嫉妬

 ある日、野崎さんが普段どおりにNさんとSNS上で会話をしていると、その途中でDMが届いているのに気が付きました。そしてそのDMを開けると、それはNさんのファンと思われる人物からのものでした

「内容的にはNちゃんと仲良くするな、みたいなものでした。知らない人からそんな言葉を投げかけられるのは始めてだったのでかなり動揺してしまって。とりあえずやましい関係でないことだけでも伝えようと返信しました」

インフルエンサー

 野崎さんがNさんと幼名馴染みであることを送っても、それに対する返信は野崎さんへの誹謗中傷でした。無視をしても送られてくるDMが怖くなり、野崎さんはその送り主をブロックしたのです。

ブロックしても別アカウントで…

 ブロックしたことで安心していた野崎さんでしたが、気づくとまたDMが来ていました。ブロックした人と同じと思われる人物が別のアカウントを作り、また誹謗中傷を送ってきてたのです。すぐにブロックしても、また新しいアカウントで攻撃され、野崎さんは悩みました。

インフルエンサー

「知らない人からはメッセージを受け取らないよう設定すればよかったんですが、もしそれでNちゃんに何か被害が及んだらどうしようと思って動けなかったんです。でもこのままではよくないと思い、まずNちゃんに相談しました」

 Nさんに話すと謝罪され、すぐに所属している事務所に対処してもらうと言ってくれました。その後、事務所へ誹謗中傷のDMのスクショとアカウント情報を提供すると、担当の方は犯人の割り出しや弁護士への相談を約束してくれました。

事務所に連絡してスピード解決

 事務所に情報提供してからも、Nさんのファンからは誹謗中傷のDMがやってきました。その内容がひどすぎて、あまりに腹が立った野崎さんは、Nさんの協力によって送り主を特定していることや弁護士の介入があることを思わず送ってしまいました

「すぐに焦った感じで謝罪のDMが送られてきたんですが、もう無視です。これ以上は個人的に関わるのはよくないと思って、Nちゃん側からの連絡を待つことにしました。ある程度長期戦を覚悟していたんですが、連絡が来たのがこの次の日だったのは流石にびっくりでした」

インフルエンサー

 犯人は前々からファンミーティングやサイン会などのイベントでの過激な言動を繰り返し、事務所が目をつけていた人物でした。野崎さんが事務所や弁護士を介入させたことをDMで伝えたことで、慌てて連絡してきたことで発覚したとのことでした。

 その後、事務所に対し、犯人をファンクラブからの強制退会、イベントへの出入り禁止という処置をしました。弁護士を介しての手続きや調査はまだ続いているそうですが、野崎さんへの攻撃はもう来ることはなく、Nさんとの関係も変わらず続いているそうです。

<TEXT/つる>

【つる】

食べること、お酒、音楽、辛いものが大好き。30代になっても派手髪から抜け出せません。外に出るのはお酒が待っている時だけという姿勢を崩さず、今日も適当に生きています