アウトドア用品大手「モンベル」は2020年8月4日、ツイッターで社員が個人的な投稿をしてしまったとして、「お騒がせして申し訳ありませんでした」とお詫びした。

同社公式アカウントは3日、菅義偉官房長官の記者会見での発言を取り上げた記事を引用し、「オレは菅に不快感を示したい」などとツイートしていた。

「どの口が言うのか!」

自社の最新情報を淡々とつぶやいていたモンベルのツイッターアカウントが突如、毛色の異なる投稿をした。

8月3日夜に、「療養ホテル確保数『ゼロ』の沖縄に不快感 菅氏『何回となく促した』」とのウェブ記事を引用し、「オレは菅に不快感を示したい。GO TOで沖縄に多くの観光客を送り込んでおいて。どの口が言うのか!」と書き込んだ。

記事では、菅氏の同日の記者会見での発言を取り上げている。沖縄県で新型コロナウイルス患者の軽症者向けホテルが十分でないとして、菅氏は「基本対処方針では、都道府県はホテルなどの宿泊療養施設や病床の確保は都道府県になっている。政府としては必要な資金は全額提供する仕組みになっている」「沖縄県に何回となく確保すべきだと促している」と苦言を呈した。

モンベルの担当者はこの発言に反発した。政府は「GoTo トラベル」で観光を推進しておいて、その態度はないだろう――というわけだ。

沖縄県の玉城デニー知事は菅氏の主張に対し、3日の記者会見で「(確保施設数)ゼロが続いていた報告の関係上、心配されていると思うが、その間もホテルや宿泊施設側とやりとりしていた」「官房長官の発言と我々の取り組んできたことはそんなに齟齬(そご)は生じていない」と述べた。国からの通知を受け、7月30日から那覇市内のホテルを宿泊療養施設として利用しているという。

「会社とは一切関係ありません」

企業アカウントの「誤爆」は枚挙にいとまがないが、センシティブな政治の話題に触れてしまったため、投稿は広く拡散された。

その後ツイートは削除され、翌日に「誤って不適切なツイートを投稿しました。担当者の個人的な見解で、会社とは一切関係ありません。お騒がせして申し訳ありませんでした」と釈明した。

モンベル公式サイトより