コンソール互換機製作会社のAnalogueは携帯ゲーム機の互換機『Analogue Pocket』の予約を8月4日に開始したが、開始後わずか15分ほどで完売となった。

「ゲームボーイ」「GBカラー」「GBアドバンス」のソフトが遊べる携帯ゲーム機の互換機『Analogue Pocket』8月4日より予約開始。アダプターで「ネオジオポケット」や「ゲームギア」にも対応

 ゲームボーイゲームボーイカラーゲームボーイアドバンスカセットに対応した本体だけでなく、ゲームギア用アダプター、スクリーンプロテクターテレビに接続するためのドックなど、全て売り切れだ。
 ゲームファンとして知られているイライジャ・ウッド氏も、買えなかったことを自身のTwitterアカウントで嘆いている

 本機を開発したAnalogueは、「需要に応えるために最善を尽くす」と公式Twitterアカウントで報告。在庫が復活したら知らせるとしている。公式サイトにメールアドレスを登録すれば、在庫が確保され次第直接連絡が届く。

 Analogue Pocketは複数の携帯ゲーム機に特化した互換機だ。本体にはモニタボタンが配置され、Analogue Pocket自体が携帯コンソールになっている。本体のみでゲームボーイゲームボーイカラーゲームボーイアドバンスソフトに対応しており、遊ぶことができるソフトは総勢2780本にも及ぶ。

 別売のアダプターを装着すれば、ゲームギアAtari Lynxネオジオポケットカラーにも対応し、自作のプログラムも動作可能。また、別売のドックを使ってテレビに画面を出力したり、Nanoloopと呼ばれるデジタルオーディオワークステーションを使っての作曲や演奏も行える。

 これまでAnalogue社が培ってきたFPGA技術を使い、他社の著作権などを侵害しない形でゲームを再生できるので、権利的にもクリーンだ。なお、自作のプログラム以外のロムファイルは再生できないため、実際にカートリッジを所有している必要がある。

(画像はAnalogue公式Twitterアカウントより)

 一瞬で完売となるほど注目を集めるAnalogue Pocketだが、Analogue社は「需要に応えるために最善を尽くす」とコメントしている。欲しくても残念ながら手には入らなかったという方が多いはずだが、公式サイトで再販されるまで待っていて欲しい。

ライター古嶋誉幸

Analogue社公式サイトはこちら
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。