中国のシリコンバレーと言われる深セン。なぜ深センでは世界経済を牽引するスタートアップが次々に誕生するのだろうか。キーワードは「プロトタイプ」だ。深センには、頭でっかちに計画を立てるのではなく、とにかく手を動かして試作品を作る人や企業が集う。深センを知り尽くした識者・経営者が、イノベーションを次々に生み出す場「プロトタイプシティ」の全容と成立条件に迫った。日本でプロトタイプシティは生まれるだろうか?(JBpress

JBpressですべての写真や図表を見る

(*)本記事は『プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション』(高須 正和・高口 康太:編著、澤田 翔・藤岡 淳一・伊藤 亜聖・山形 浩生:著、KADOKAWA)の一部を抜粋・再編集したものです。

止まっているように見える日本

 日本経済全体の成長速度は、世界と比べてきわめて遅い。

 世界経済は、この30年で大きく成長した。アメリカGDP1990年の6兆ドルから2017年には19.39兆ドルにまで成長した。約30年で3倍強になっているわけだ。一方、日本は3.13兆ドルから4.87兆ドルと1.5倍にしか増えていない。アメリカと比べてもノロマだが、5倍以上に成長したタイ、7倍に成長したフィリピン、さらに30倍の成長を遂げた中国やベトナムに比べると、止まっているように見えるだろう。

 約10年前の2009年には、当時の日本と同程度の5兆ドルのGDPだった中国は、今はその3倍に届こうとしている。

 日本よりも早く成長している国では、先進国へのキャッチアップだけでなく、ゼロから新たなビジネスが登場している。中国やインドでは、銀行口座を持っていない人のためにネット決済を行い、個人融資を行うフィンテック企業が登場した。一方、日本では既存の銀行が幅を利かせているため、そのようなビジネスは成長していない。

プロトタイプシティの時代が始まっている

 かつて、製造業の中心地だったアメリカでは、産業の中心は非連続型の価値創造にシフトしている。今までにないプロダクト、たとえばインターネットで物が買える、友だちとゆるくつながれるといったものは、もとから存在しないため、そこを目指そうという人もいない。ブラッシュアップしてできるというよりも、ひたすらトライアルエラーを繰り返していた結果、偶然パズルのピースがはまるように、または、いじりまわしていた知恵の輪よくわからないけれども解けた時のように生まれてくる。

 プロトタイプを作り続けることによってこそ、なにか新しいものが生まれてくる。

 このプロトタイプ駆動によって生み出されるのが、「非連続的価値創造」だ。この数十年間に現れた新しい技術やビジネスモデルは、非連続的価値創造をとてつもなくやりやすくしてくれた。だから、スタートアップは続々と生まれ、私たちの世界に新たな価値を生み出してくれている。

 頭でっかちな計画を立てるよりも、手を動かす中で正解を探していくプロトタイプ駆動。そのプロトタイプ駆動をより効率的に行うために必要なコミュニティが、新興国など新たな都市に芽生えている。プロトタイプ駆動とその実践の場、すなわち「プロトタイプシティ」の時代が始まっている。

 かつてイノベーティブな都市はきわめて希少だった。新しいビジネスの立ち上げには、限られた知識と社会的リソースが必要だった。だが、その状況に変化が起き、非連続的価値創造が集中して起こる都市がいくつも出てきた。新興国においても、イノベーションが可能な都市、知識の集積と交換が見られるようになってきた。

 その代表例として、本書『プロトタイプシティ』で取りあげるのが中国の深セン市だ。「世界第2の経済体になった中国を今さら新興国と言われても」という批判もあるかもしれない。だが、少なくともこの街が1979年に生まれてから今までたどった道のり、単純労働力を提供するだけの場所からハードウェアの聖地、中国のシリコンバレーと言われるようになった過程では、間違いなく新興国のイノベーション都市という性格を持っていた。そして深センだけではなく、今後の世界では、このような街がいくつも現れてくると私たちは予想している。実際に、その予兆も見えている。

日本が陥っている落とし穴

 残念なのは、日本がこの流れに乗り遅れていることだ。日本企業は「連続的価値創造」に強い。製品を改善していく、長期計画に則って少しずつ品質をあげていく。だがこれらの分野で築いたアドバンテージは、新興国の猛烈な突き上げにさらされている。

 一方で、プロトタイプ駆動によって今までにないプロダクトやサービスを生み出す、非連続的価値創造への取り組みは、まだ主流になっていない。そして、新興国から新たな価値創造の担い手が生まれてきている現状にも気づいていない。

 このままでは、失われた20年が、失われた40年、いや、失われた世紀へどんどん引き延ばされてしまうのではないか。そうした危機感を覚えている。

 かつては世界を席巻した日本企業だが、時価総額ランキングの上位から姿を消した。そして、ユニコーンと呼ばれる巨大スタートアップはごくわずかだ。ハードウェアでもサービスでもフィンテックでも、世界では様々なユニコーン企業が出てきているにもかかわらず、なぜ日本からは出現しないのだろうか。国際特許数や大学ランキングなどの研究開発の指数では、アメリカや中国ほどではなくとも相変わらず世界上位にいるのに、社会を変える会社が出てきづらいのはなぜだろうか。

 それは、日本の会社、働き方の仕組みが古く、非連続的価値創造の時代に適した仕組みに変わっていないからではないだろうか。

 20世紀、会社の立ち上げに資金や時間が必要な時代には、きちんと事前に調査をして計画することは重要だった。日本はこの分野では非常に優秀だった。現在も、ダムや高速道路といった大規模建築物を効率的に組み上げることでは世界最高峰を維持している。

 だが、非連続的価値創造の時代には、プロトタイプ駆動が必要だ。創造性が重要な分野、たとえば絵画や彫刻、マンガや音楽では、何度も手を動かしてラフスケッチを行う。未完成品でも「できあがるとどういうものか」が想像できるところまでは作りきり、それを前にして実際にやるかどうかを考え、しっくりこなければ作り直しながら考える。

「最終形を作るためではなく、アイデアを確認するために形にする」「しっくりこなかったらゼロに戻してもいい」、そのように手を動かしながら考えていくと、最初に始めたところからまったく違う正解にたどりつく。

 日本は、マンガやアートでは優れた成果をもっているのに、その手法をビジネスに導入することには関心がないようだ。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  手抜き工事多発で世界にリスクをばらまく一帯一路

[関連記事]

中国が憎み恐れる米国の対中政策ブレーンの“正体”

ハイテク覇権、猛進し続ける中国企業

中国・深センの街並み(写真AC)