日向坂46のドキュメンタリー映画「3年目のデビュー」が、8月7日(金)から全国で順次公開される。

【写真を見る】「私たちは本当に“愉快なグループ”だなって(笑)」という佐々木久美のコメントに、小坂菜緒、佐々木美玲から笑みがこぼれる

日向坂46は、2016年5月に「けやき坂46(ひらがなけやき)」として活動開始。先輩グループ欅坂46存在感に圧倒されながら、自分たちのアイデンティティーを模索した3年間を経て、2019年2月に日向坂46へ改名。1stシングル「キュン」は発売初週で47万枚を売り上げるなど華々しいデビューを飾った。

しかし、改名という大きな変化をきっかけに2度目のスタートを切った裏側で、彼女たちは大きな壁を乗り越えようと必死になっていた。そんな輝きと苦悩が交錯する記録を、彼女たちの日々の活動に密着してきたドキュメンタリー番組「セルフ Documentary of 日向坂46」(TBSチャンネル1)チームの手によって映画化した本作。

当初3月27日公開の予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて延期に。ようやく迎えた公開を前に、佐々木久美、佐々木美玲、小坂菜緒にインタビュー

前編では、映画公開の心境、映画を見た感想などを聞いた。

佐々木久美「不思議な気持ち」

――映画製作決定を聞いた時の心境を聞かせてください。

佐々木久美:私は乃木坂46さんのファンだったので、そういう映画(「悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂462015年、「いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂462019年)も見させていただいたんですが、まさか自分たちが映画になるなんてって驚きました。

映画のお話を聞いたのは、(2ndシングルの)「ドレミソラシド」の頃で、デビューして半年くらいの時だったので、このタイミングで映画を作っていただけるというのは、すごくうれしかったです。

そして、ちょっと不思議な気持ちにもなりました。自分たちがスクリーンに映るというのは、なかなか想像できなかったです。

小坂菜緒:私も乃木坂46さんのドキュメンタリー映画は見させていただいていたので、実際に自分たちのグループも密着していただいて、映画になるというのがすごく不思議な感覚でした。

でも、一つの作品として名が残るものになるので、それはすごくうれしいなって思いました。

佐々木美玲「メンバー愛が深まった」

――実際に完成した映画を見ていかがでしたか?

佐々木美玲:この映画を見て懐かしかったし、メンバー愛が深まりました。卒業メンバーも含めて、みんな大好きだなって改めて思いました。

それに、思い出すことがたくさんありました。いろんなことを経験させていただいて、私は特に記憶がなくなりやすいので…。

――忘れやすいってことですか?(笑)

美玲:はい(笑)。「こんな時もあったなぁ」とか、いろいろ思い出しました

あと、この映画の楽しみ方としては“二度”見てほしいんです。最初はメインの人を見て、二度目は後ろに映っている(メンバーの)気を抜いている顔を見てほしいです。

一同:(爆笑)。

美玲:私たちは(映画を見ながら)それで大盛り上がりでした。そういうところも楽しんでほしいなって思います。本当に私たちの素の姿が見られるので。恥ずかしいですけど(笑)、皆さんに見ていただけるなって思います。

小坂:私たちは2期生ですし、けやき坂46の頃の分からないお話もたくさんあったので、今回の映画を見させていただいて「こういうことがあったんだ」という初めて知ることが多かったです。それは見てくださるファンの方も同じ感覚になるのかなって思ったら、よりグループが好きになりました。

久美:自分で思い出す記憶と、映像で残っている記録というのは結構違っていて、「そういえばこんなことがあったなぁ」と思い出すことが多かったり、全然覚えていなかったことなどもありました。

去年の夏のことだけどポーンって記憶から抜けていることなどもあって、映画を見ながら当時の気持ちを思い出しました

みーぱん(佐々木美玲)も言っていましたが、本当に私たちの素の姿が映っているんです。レッスンの合間のシーンで1秒くらい映っていても、それが愉快過ぎて、私たちは本当に普段から“愉快なグループ”だなと思って(笑)

映画の中に、メンバーみんながドッと笑うシーンが10回くらいあったんですよ。なので、そういうところも見てほしいので、最低“3回”は見てほしいなって思います。

美玲:増えた(笑)

■ 小坂菜緒「一つのグループとして」初アルバムがきっかけ

――デビューからずっと密着のカメラが回っていますね。

久美:スマホではなく本格的なカメラだったこともあって、最初は緊張もしてビクビクしていたんですけど、徐々に慣れていきました。

4年目に映画となって、最初の映像が残っているってすごくありがたいし、幸せなことだなって思います。

小坂:私も最初はずっと撮られているという環境に慣れなくて、「緊張する、どうしよう」と思っていました。

でも、だんだんと慣れてきて、カメラを見つけたらみんなでアピールしに行ったりとか、そういうこともできるようになりました。それが実際に映像として残っているので、見返してみて思い出すことが結構あったので、それはありがたいなと思います。

――これまでの活動が描かれている中で、一番のターニングポイントはどこだと思いますか?

美玲:私は、けやき坂46の3年間がターニングポイントだったなって思います。

最近、「石の上にも三年」という言葉を知ったんです。今回の映画の取材をしていただいていて、「けやき坂46の頃って何だっただろう?」と思うこともあったんです。

でも、「石の上にも三年」という言葉を知って、「けやき坂46の3年があったから今があるんだな」と思いました。だから、その3年間がターニングポイントかなと思います(笑)

久美:私はありきたりだけど、(1stシングル)「キュン」(2019年3月27日発売)で日向坂46としてデビューした時ですね。

それまでももちろんですけど、日向坂46という看板を全員で背負ったという感じがすごくして、本当に「この仲間とやっていくぞ」という、みんなの決意が新たに刻まれたので。デビューというのは大きなターニングポイントだと思います。

小坂:ずっと欅坂46アンダーとか妹グループとか、あいまいな位置と言われていたけど、けやき坂46としてアルバム『走り出す瞬間』(2018年6月20日発売)を出させていただいた時に、「全員で一つのグループとして頑張っていきたいな」という思いが芽生えてきました。

私もメンバーのことがより大好きになったし、一緒にいたいなと思うようになったので、そこは大きかったのかなって思います。

【後編に続く】(ザテレビジョン

いよいよ公開初日を迎える日向坂46のドキュメンタリー映画「3年目のデビュー」についてインタビュー