コロナ禍によって声優業界が大打撃を受けている。密集状態となるスタジオ収録に支障や遅れが生じたことは、そのごく一部に過ぎない。 

 最も大きな影響は、アイドル声優ライブとそれに伴う物販を収入の柱とする近年のビジネスモデルが崩れたことだろう。コロナ対策のため観客数を当初の半分にする代わりに入場料を約2倍にすることでライブを開催する予定の声優もいるが、果たして成立するのか疑問視する向きもある。 

 そんな中、ライブとは異なる方向での模索も始まっている。特筆すべきは、超有名声優が続々とYouTubeチャンネルを開設したり、音声作品のダウンロード販売を始めたりしていることである。いずれもコロナ禍以前では考えられなかったような動きだ。  

 一方ネットでは既に数年前から、キズナアイを筆頭とする「バーチャルYouTuber」達が一大ジャンルとして着実に市民権を得てきた。その中でも顔出しYouTuberを凌ぐ程の人気を誇るバーチャルYouTuber(以下、VTuber)達は、かなりの割合でプロの声優が「演者」としてその声や体の動きを担当している。 

 彼らは今の声優業界の状況をどう見ているのか。チャンネル登録者10万人を超える人気VtuberDeepWeb Underground」の演者を務める女性声優(以下、DWU)に聞いた。 

◆ ◆ ◆

コロナ禍で声優のYouTube業界進出が増えている

――コロナ禍で声優業界に大きな変化が起きていると言います。DWUさんもそういった変化は感じていますか? 

DWU 普段スタジオで行う収録を自宅でするように言われた時はコロナ禍の影響を実感しましたね。 

 せっかくいただいたお仕事でも、「宅録できる環境でないためやむなく断るしかない…」と悔しい思いをしている同業者も多いです。声優を生業としている以上、ある程度の環境はあると思うんですが、宅録した音源をそのまま作品に使うとなると難しい方も多いでしょうね。 

 そういった苦しい状況のためか、ここ数ヶ月、声優のYouTube業界進出が増えているのは感じます。 

――そもそもの話ですが、VTuberには企業等の運営者と声優等の演者が関わっていますよね。声優がVTuberになる方法としては、まず運営者から声優事務所に演者を募集するオーディションの話が来て、声優がそれを受けるという感じですか。 

DWU ええ。どんなお仕事でもそれが声優の基本的な形ですし、VTuberでも同じですね。 

――演者への報酬は? 

DWU 業界に相場が無いのでピンキリですね。台詞の量にもよりますけど、声優の仕事とは金額に大きな差があったりして、「報酬が合わないのでVTuberの演者を辞めた」という話も複数聞きました。 

――ご自身はどういった経緯でVtuberになられたのですか。 

DWU ……これ言っていいんですか? もともと私はDWUとは別のVTuberの演者を募集するオーディションを受けました。そのVTuberは今も大活躍中です。それに落ちたら「別のプロジェクトがあるのでそちらでやらないか」と言われ、DWUになりました。 

厳しいVtuberの世界で人気が出やすいのは「ハコ推し」

――顔出しアイドル声優よりもVTuberの演者を目指す声優が増えてきた、といった志望の変化は感じますか。 

DWU 今も2年前も特にそういう印象はないですね。さっきも言ったように声優の仕事よりも報酬が落ちるし、そもそもVTuber自体が厳しいYouTubeの世界で生き残れていませんから。 

――その中でも人気があるのはどんなVTuberですか。 

DWU デビューしたてでチャンネル登録者が10万人を超えているのは「ホロライブ」や「にじさんじ」のようなブランド力のあるグループに属するVTuberが殆どです。いわゆる「ハコ推し」ですね。 

――「ハコ推し」というのは、ファンが特定のメンバーだけでなくグループ全体を応援することですね。新人がその恩恵無しで注目を集めるのは難しい、と。 

DWU ええ。数千、数万といるVTuberのなかでは目立つことすら難しいですね。面白い新人がハコの外でデビューしても、ファンの側にそれを探す気力が残ってないんでしょう。   

大手事務所Vtuberの仕事を嫌がる理由

――声優業界の方々が表立ってVTuber界隈へ言及しないのは何故でしょうか。 

DWU 言及するメリットがないし、そこまで興味を持たれてないですね。音声作品と同じく「新たな展開の模索の1つ」の域を出ていません。 

 むしろ大手声優事務所はいまはVTuberに対しては引き気味ですね。私のような個人がかろうじて食べていける金額にはなっても、事務所が儲かるほどにはならないのが最大の理由でしょう。 

 また、「VTuber活動は声優の範疇を超える」と嫌う事務所もあると聞きます。 

――それはなぜですか。 

DWU モーションアクターなど、声優の仕事ではない業務を含むからです。それに、ろくにキャリアのない新人が「台本通りにキャラクターを演じる」声優ではなく「台本なしで自分の話をする」配信者になってしまうことも嫌がられやすいですね。 

……まあ、なによりもVTuberの運営側が社会人としていい加減なところばかりだったのが、嫌われている最大の理由だと思います。 

――Vtuberになる前後で予想と違った事はありますか。 

DWU 日々TwitterのDMで送られてくる大量の陰茎を目にすることになったのは予想外過ぎましたね。普通の声優さんだったら辞めてるところですよ。あ、私は平気ですが。 

有名声優のチャンネル登録数が伸び悩むのはなぜ?

――ここ数ヶ月、声優のYouTube業界進出が増えていることを指摘されていましたが、そうした超有名声優さん達のチャンネル登録者数が、想像より遥かに少なく、殆どが10万人以下にとどまっている事に驚いています。今のところあまりうまくいってないように思えるのですが。 

DWU それは動画の内容の問題です。これはVtuberにも言えることですけど、他のYouTuberがすでにやっている企画ばかりで面白みと新鮮さに欠けますね。一方で、とても成功している声優さんもおられますよ。 

 例えば、花江夏樹さんのチャンネルは企画や編集もよくできていて、登録者数も150万人を超えています。私は中二病全開のノリでUNOなどの身近なカードゲームをやっていく「闇のゲームシリーズが特に好きで「あれぞまさに声優のYouTubeチャンネルだ!」と感じます。 

 他にも、杉田智和さんは芸人のスタイルを取り入れて大人気になった方ですので、狩野英孝さんがYouTubeで人気を博しているのと同様、TVタレントYouTubeにおりてくる今の流れともマッチして伸びているんでしょうね。 

勧めるから座ったのに……声優業界の理不尽な上下関係

――やはり同じ業界の方の動向をよくチェックしておられるのですね。今まで声優業界で最も印象深かった体験は何ですか? 

DWU これは決して私ではなく、あくまで知人の声優の子に聞いた話なんですけど。 普通、収録ブースでは新人、中堅、主役級とキャリアに応じて座る椅子が決まるものなんですね。

 その知人は、新人の席が埋まっていたのでドアの隅に立ってたら、主役級の声優に「ここ空いてるから座って大丈夫だよ」と隣に座るように指示されて、素直にその主役級の椅子に座ったそうなんですよ。 

 ところが、椅子を勧めた本人が、収録後の飲み会が始まるなり「新人のくせにメインが座る椅子に座ってた非常識な奴がおるって本当ー??」とわざとらしく大声をあげて場が気まずくなったそうです。知人は嫌な気分になったけどこらえて「今後気を付けよう」と肝に銘じたそうです。 

 あれはなんだったんでしょうね? まあ、私の話ではないですけど。 

――上下関係が厳しそうな世界ですね。「新人声優はマネージャー達に顔と名前を憶えてもらうために、事務所に台本を取りに行ったり、入口に整列して挨拶したりする」と聞いたこともありますが、本当ですか。 

DWU 本当です。マネージャーだけでなくスタッフさん、共演者の方への挨拶も必須なので、新人は1列に並んで時間を取らせないよう手早く自己紹介をします。 

 中には「集中力欠けるからやめろ」と毛嫌いする方もいるし、逆に「名前を覚えてもらうまで会う度に何度も繰り返し自己紹介しろ」という方もいるから、そこの見極めが難しいです。新人声優って大変ですね。 

事務所声優より稼ぐフリーの声優も出てくる?

――コロナ後の声優業界の展望が気になります。これもインターネット上の動きですが、先月、音声作品のダウンロード販売に上坂すみれさんや竹達彩奈さんら超有名声優が続々と参入し、かつてない衝撃を与えましたね。   

DWU コロナが続くかぎりは声優個人も業界全体も、なにか新しい土俵を探すしかないですよね。音声作品への参入も、この時期だからこそ起きた一時的なものという感じもするけど、儲かれば続けるんじゃないですか?   

――音声作品の報酬の相場は? 

DWU だいたい数百ワードあたり2~3万円ぐらいです。 

 拘束時間もワード数によって数時間から数日までさまざまですし、声優のランクにもよりますけど、有名声優がソシャゲに出るときの単価などとは比べものにならないですね。  

――なるほど。「声優で食える人なんか一握りのトップオブトップだけだぞ」的な通説は本当ですか。 

DWU 半分は正解ですね。食えるのが一握りなのは本当です。売上の大半を事務所が持っていくから、事務所声優でも食べられる人は少ないですね。それでも仕事を取るためには事務所に所属するのが基本でした。 

 事務所の力はこれからも強いままでしょうし、ライブで稼いでいたような事務所声優は今後も安定して仕事をするでしょうね。 

――ライブとは別方面でまた強力なバックアップを得られるから心配ない、と。  

DWU そうですね。ただ、最近はその流れも変わってきたようです。今後は事務所声優よりもはるかに稼ぐフリーの声優も出てくるでしょう。これはVtuberなどの動きとも広くは関係しますが、フリーでも稼げる場がどんどん増えているからです。

 ――それはSNSの発達のことでしょうか。  

DWU ええ。それもありますし、企業以外がコンテンツを発信する手段が増えているのもあります。 

かりそうなことにはなんでも手を出していきたい

――なるほど。最後にコロナ禍の後の声優業界がどうなると思うか、教えてください。 

DWU 先ほども言ったように、事務所声優は今までと変わらない活躍をすると思います。音声作品への参入もこの時期だからこそ起きた一時的なものでしょうしね。 

 ただ、フリー声優が活躍する場も大きく広がると思います。その土俵では「VTuberや新人だから有名声優にはかなわない」なんてことはありませんよ。 

――DWUさんの今後の活動の展望についても、教えてください。 

DWU せっかく(旧運営者から)独立して身軽になったので、儲かりそうなことにはなんでも手を出していきたいですね。 

 最終的には最強のVTuberになります。 

ダブル手帳)

©iStock.com