株式会社Barbara Pool は、最新のSTEAM教育を一望出来るマガジン、STEAM JAPAN MAGAZINE vol.2を創刊致しました。
『STEAM JAPAN MAGAZINE』は、次世代教育「STEAM教育」について、さまざまな切り口から情報をまとめたマガジンです。

この度、株式会社Barbara Pool(本社:東京都江東区、代表取締役:井上祐巳梨)は、STEAM教育マガジン『STEAM JAPAN MAGAZINE vol.2』を創刊いたしました。

インタビューでは、文部科学省 大杉住子氏や文部科学省 高谷浩樹氏、未踏ジュニア代表 鵜飼佑氏らに、STEAM教育やこれからの教育の在り方について語っていただきました。その他、自社が企画運営する、STEAM JAPAN AWARD 2020 (https://steam-japan.com/award/)や、地域探究×共創プログラムサービス、Co-Creation Future (https://steam-japan.com/sdgs/)についても特集しています。

また、首都圏小中高等学校を中心に1,500部配布するなど、特に教育関係者に向けたSTEAM教育啓蒙の一環としての取り組みも行なっております。

『STEAM JAPAN MAGAZINE vol.1』は、STEAM JAPANのWEBサイトからもダウンロード可能です。こちらをご参照ください。vol.2も今後公開予定です。

*WEBサイト: https://steam-japan.com/ 【STEAM教育とは】
STEAMとは、
科学・技術・工学・芸術・数学の5つの英単語の頭文字を組み合わせた造語。
科学(Science)、技術(Technology)、工学(Engineering)。アート(Arts)、数学(Mathematics)の5つの領域を対象とした理数教育に創造性教育を加えた教育理念。 知る(探究)とつくる
(創造)のサイクルを生み出す、分野横断的な学びです。

【『STEAM JAPAN MAGAZINE vol.2』概要】

配布開始日:2020年8月8日(土)

配布場所 :首都圏小学校・中学校・高校・教育委員会など

配布数  :約1,500部

企画・運営:株式会社Barbara Pool

配信元企業:株式会社Barbara Pool

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ