『ボス・ベイビー』(18)のドリームワークスアニメーションによる大ヒットシリーズの映画最新作『トロールミュージックパワー』(10月2日公開)。このたび日本語吹替えを務める上白石萌音ウエンツ瑛士仲里依紗らの声が収められた大ヒットナンバー満載の日本版予告編が到着した。

【写真を見る】『トロールズ 』日本語吹替版で上白石萌音、ウエンツ瑛士、仲里依紗が熱唱

元気いっぱいなポップ族の女王ポピーカラフルな仲間たちがノリノリの歌とダンスを披露し、テレビシリーズ劇場版で世界的人気キャラクターとなっている「トロールズ」。映画版2作目となる今作では、すべての音楽を奪い王国をロックで支配しようとする女王バーブが出現。世界中のハッピーを取り戻すため、ポピーかわいいトロールたちが大冒険を繰り広げるが。

オリジナル版では「ピッチ・パーフェクト」シリーズのアナ・ケンドリックや、世界的人気ミュージシャンジャスティン・ティンバーレイクらがボイスキャストを務めており、全米ではコロナ禍の影響で劇場公開とPVOD配信を同時リリースして話題を集めたが、劇場では9週連続NO.1を樹立。オンデマンド配信でも初日売上が史上NO.1を記録するなど、大ヒットとなっている。

到着した日本版予告編では、いつも元気でポジティブピンクヘアーのポピーを演じる上白石が、持ち前の明るく伸びやかな歌声を披露。またポピー幼なじみで内気で生真面目なブランチを演じるウエンツと、シンディ・ローパーの名曲「ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン」を一緒にデュエットするシーンも。

また、二人の前に立ちはだかるロック村のバーブ女王を演じる仲のドスのきいた迫力満点の声も必聴だ。冒頭のナレーションは、本作のストーリーテラー的な役割も果たすクラウド・ガイを演じるミキの弟の亜生が務め、兄の昴生が演じるトロールツァルトの指揮棒を振るキュートな姿も収められている。さらにタイニー・ダイヤモンド役を演じる人気声優の木村昴も華麗なラップを披露。キラキラした世界観のなかで各々がハマり役となっており、ダンスミュージック満載の最高にハッピーな本作に期待が高まる!

文/富塚沙羅

『トロールズ』ノリノリな日本版予告編が到着!/[c]2020 DREAMWORKS ANIMATION LCC.ALL RIGHTS RESERVED.