東京都心で今年初めての猛暑日 あすは

画像

きのう6日(木)は、富山で37.5℃と東・西日本の日本海側で猛暑日(最高気温35℃以上)となった所が多くありました。これは、日本海にある台風4号から変わった低気圧に向かって、南よりの風が吹き、日本海側でフェーン現象がおきたためです。
きょう7日(金)は、東・西日本の太平洋側を中心に猛暑日の所が多くなりました。東京都心では、11時半過ぎに35.4℃と今年初めて35℃に達し、練馬や八王子、府中でも猛暑日となりました。太平洋高気圧の縁を北上してくる暖かく湿った空気が流れ込み、この空気が山を越えて入ってきた地域で猛烈な暑さとなりました。

■きょう7日(金)最高気温(15時現在)
静岡県 静岡   37.1℃
埼玉県 さいたま 36.4℃
宮崎県 宮崎   36.2℃
愛媛県 大洲   35.9℃
東京都 練馬   35.9℃

湿度の高い暑さは熱中症なる危険度が高く、東京都千葉県茨城県に「熱中症警戒アラート」が発表されています。
熱中症警戒アラート」は、関東甲信地方で、令和2年7月から開始され、翌日又は当日の暑さ指数(WBGT)が33以上になることが予想される場合に、環境省気象庁から発表されます。暑さへの「気づき」を呼びかけて予防行動をとってもらうための情報で、現時点では関東甲信地方だけを対象とし、来年度の令和3年度から全国を対象とする予定です。きょう7日(金)は関東甲信地方以外でも、「熱中症警戒アラート」に相当する暑さの所が多くなりました。
暑さ指数(WBGT)とは、熱中症を予防することを目的とした指標で気温とは異なり、人体の熱収支に与える影響の大きい【湿度】【日射・輻射】【気温】の3つを取り入れた指標です。

あす8日(土)も、東・西日本の太平洋側を中心に猛暑日が予想されている所があります。埼玉県の熊谷で37℃、さいたま、甲府、静岡で36℃の予想。東・西日本では熱帯夜の所があって、寝苦しくなりそうです。室内をエアコン等で涼しい環境にして過ごしてください。こまめな水分補給や休憩、熱中症になりやすい高齢者や子ども、障害者の方々への積極的な声掛けをお願いします。

東京都心で今年初めての猛暑日 あすは