ハマの指揮官として初の外国人監督が快挙を成し遂げた。横浜DeNAベイスターズアレックス・ラミレス監督が5日、中日ドラゴンズ戦で勝利を飾り、監督通算300勝に輝いた。かつてチームを率いた494勝の別当薫氏(1967~72、77~79年)、461勝の三原脩監督(60~67年)に次いで球団史上3人目の栄誉だ。2016年から就任5年目で大台に到達したことは素直に称賛されるべきであろう。

JBpressですべての写真や図表を見る

 指揮を執った過去4シーズンリーグ優勝を経験したことは1度もない。ただ、就任1年目の16年シーズンではそれまで12球団中唯一、出場実績がなかったクライマックスシリーズ(CS)への出場権をリーグ3位に滑り込んでつかみ取り、ファイナルステージまで進出。翌17年にはリーグ3位からCSファイナルステージを突破し、最終的に福岡ソフトバンクホークスに敗れて日本一は逃すも日本シリーズ進出を果たしている。18年はAクラス入りをかけたデッドヒートの末にリーグ4位に終わり、CS出場権は得られず。しかしながら19年の昨季は22年ぶりのリーグ2位となり、再びCSへ出場してポストシーズンを戦った。

 ラミレス監督の就任前までチームは過去10年間、連続Bクラス暗黒時代が続いていた。そのうち、最下位に沈んだのは実に7シーズン。そこからラミレス監督はチームを再建し、就任以降は4シーズン中3度のAクラス入りとCS進出を果たすまでのレベルへと押し上げた。前任指揮官中畑清氏が辛苦を重ねつつ、今の主力たちの種をまいて育成してきた地盤によってラミレス体制は多分に助けられている――。そういう指摘があるのも確かに事実であり、否定はしない。

 とはいえ、それだけでここまでのV字回復はまず果たせないだろう。やはりラミレス監督の積み上げた通算300勝はベイスターズを長きに渡る低迷期から脱出させ、Aクラスの常連チームにまで成長させた指揮官の手腕と功績の「証」であると思う。

「ラミ流采配」に拒否反応を示すファンも

 だが、ラミレス監督にはいわゆる「アンチ」も多い。熱烈なベイ党の中からも、特にネット上では負け試合になると強烈なアレルギーを全開にしながらラミレス監督への激しいバッシングを繰り返すコメントが非常に多く散見される。その批判の大半は、就任早々から独自のデータを重視し、場合によっては奇策も駆使しながらタクトをふるう“ラミ流采配”について「不可解」とする声だ。

 そんなラミ流采配の中でも、今季もここまで割と多く批判の対象となっているのは、メディアから「マシンガン継投」と称される継投リレーであろう。たとえば好投していた先発投手を「試合前からデータに基づいて準備していたプラン」として100球前後でアッサリと見切りをつけ、ブルペン陣にバトンを託す。そしてワンポイントリリーフなども交えながら矢継ぎ早に投手交代を繰り返し、継投策でつないでいく。成功すれば「采配がズバリとハマった」などと持ち上げられるが、逆に失敗してしまうと「それ見たことか、あんなバカなことをやるからだ」という具合にぶっ叩かれやすい。

 これに関連すれば、一部からは「酷使しているブルペン陣はもちろん、ひいては先発投手たちからも、データを重視し過ぎて将棋のコマのように扱っていることに対して反発されるのを恐れ、実はきちんとコミュニケーションが取られていないのではないか」との疑問も上げられているようだ。さらには「野手陣とも、うまくいっていないのでは」とうがった視線まで向けられている。

 しかし、これらの見解にはとりあえず「NO」と言っておきたい。

独裁を改めコミュニケーソン重視に

 近年のラミレス監督は他の首脳陣や選手たちとも起用法や作戦プランについて話し合いの場を持ち、非常によくコミュニケーションを取るようになっているからである。その理由は次のような背景があることも関係しているようだ。

 ラミレス監督に近いチームOBはこう力説する。

「正直に言えば就任当初の頃、ラミレス監督は他のコーチの意見にはほとんど耳を傾けず独断で決めてしまう傾向が強かった。その独裁ムードに反発した一部のスタッフがサジを投げるようにして辞めてしまったこともあり、さすがにその辺りに関してはフロントからお灸をすえられ、監督も自責の念に駆られたようだ。

 今は、以前と違ってだいぶ積極的に首脳陣と意見交換するようになり『チームファミリー』という意識を非常に強く持っている。選手に対しても個々のデータを把握するように努めているので、それを基盤にしながら自分の選手時代の経験や打者としての目線から助言を送るなど今まで以上に今季は丁寧に接しているように見える。

 今季のラミレス監督はフロントによって契約が1年延長されたが、去年限りで主砲の筒香(嘉智外野手タンパベイ・レイズ)がメジャーリーグへ移籍したこともあり、自分自身のやり方もラジカル(急進的)に変化させなければ、戦力的にダウンしたチームを劇的に変えて優勝に導くことはできないと踏んでいるようだ」

 こうした指揮官の姿勢は1つ見事な形で、今季の新4番・佐野恵太外野手の大活躍にも結びついている。

 筒香の後を継ぐ新4番及び新主将として、ラミレス監督自らが今年2月の春季キャンプで「佐野にする」と直々に指名。5日の中日戦で佐野は6号本塁打を含む3安打3打点の打棒爆発でラミレス監督の300勝に花を添え、今やチームトップの打率3割5分3厘(同日現在)を記録するなど文句なしの大活躍を続けている。

 チームの中心選手に任命されている新4番の佐野自身が5日の中日戦の試合後、ヒーローインタビューで恩師のラミレス監督について「毎日のように声をかけていただいて、バッティングについてもアドバイスしてもらっているので、今日は何とか恩返しができたかなと思う」と述べたのは紛れもない本音であろう。この言葉こそが、ラミレス監督をトップに戴く今のチームの良好な雰囲気を象徴していると感じられた。

“ラミ流”と選手のプライドが衝突する懸念も

 それでも今季のラミレス体制に、不安の火種が全くないとは言い切れないことも最後に触れておきたい。7月19日に、それまで14試合に出場していた31歳の伊藤光捕手が出場選手登録を抹消されたことだ。伊藤の抹消理由についてはコンディション不良ではなく、指揮官によれば「守っている時の投手の防御率を見て残念ながら決断した」という。

 一体、この謎の登録抹消は何を意味する流れなのか。チームの内情に詳しい事情通は、こう打ち明ける。

「実は登録抹消の布石となったのは、前日18日の巨人戦(横浜)。この試合で光(伊藤)はスタメンマスクを被っていたが、3点を先制された直後の3回からまだ1打席も立っていないタイミングラミレス監督によって突然交代を告げられ、ベンチに下げられた。

 この試合後のインタビューラミレス監督が表情を歪めながら『我々が練った戦略と違う方向へ向かっていた。だから交代をさせた』との発言を口にし、すぐさま翌日付で光は抹消されて二軍降格となった。チーム周辺でも『あれは間違いなく懲罰降格』とみられています。

 良くも悪くもラミレス監督は、選手をデータに基づいてチェスのコマのようにドラスティックに扱うので、捕手のリードや配球面にもケースバイケースながらベンチから指示を出すこともある。光は以前在籍していたオリックス時代から経験豊富で自分の感性を軸に投手をリードしていきたいタイプで、強いプライドも持っているところもある。周囲では『“データ配球”をベンチから指示してくるラミレス監督のやり方に反発したのではないか』との見方がもっぱらです。もちろん真相は不明ですが・・・」

 このように今季で就任5年目となるラミレス体制は知られざる「明」と「暗」の両面を持ち合わせている。それでも自らが貫き続ける“ラミ流采配”によって節目の勝ち星を数え、最後には22年ぶりのリーグVで結実の時を迎えることができるのか。注目したい。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  なぜ田子ノ浦親方“泥酔問題”に協会は及び腰なのか

[関連記事]

県岐阜商クラスターで高野連が“二次被害”を懸念

巨人を惑わす「ラミのブラフ」

DeNAのアレックス・ラミレス監督。写真は2013年シーズン後にDeNAを退団した翌年に加入したBCリーグ・群馬ダイヤモンドペガサス時代のもの。(写真:アフロ)