学研プラスと日本創発グループの合弁会社である株式会社 ワン・パブリッシング(東京都品川区/代表取締役社長:廣瀬有二)は、小・中学生およびその保護者のためのウェブサイト『学研キッズネット』(https://kids.gakken.co.jp/)にて、7&8月の期間限定で公開されている「夏休み! 自由研究プロジェクト2020」(https://kids.gakken.co.jp/jiyuu/)に、自由研究コンテンツを多数追加いたしました。さらに、「自由研究」と並んで夏休みの二大宿題である「読書感想文」に取り組む際役に立つ「読書感想文カンペキナビ」(https://kids.gakken.co.jp/jiyuu/book_report/)もアップデート。新型コロナウイルス感染拡大防止による臨時休校の影響で生じている夏休み期間の大幅短縮、さらには、夏休み期間中も続く外出自粛によって、例年のように夏休みのイベントや旅先で自由研究に取り組むということがやりづらくなっている中、少しでも助けになればと、日々コンテンツの更新を続けています。
学研キッズネットの「夏休み! 自由研究プロジェクト」https://kids.gakken.co.jp/jiyuu/)では、自由研究に取り組む際のヒントとなる研究コンテンツを夏休み期間限定で公開し、好評を得ています。毎年恒例のこの特集を今年も7月から公開中。さらに、8月に入り、夏休みが本格化するタイミングで、さらなるコンテンツを多数追加いたしました。
たとえば、「ふしぎで楽しい! 塩で自由研究」https://kids.gakken.co.jp/jiyuu/salt/)では、「塩」を題材にした自由研究のテーマをなんと20本も一挙公開! 内容は「実験」「観察」「工作」「調べ学習」など幅広く、短時間でできるものから数日かけてじっくり取り組むものまで。対象学年も、低学年向けから高学年向けまで、さまざまに取り揃え、子どもたちの興味関心や発達段階に応じて研究テーマを選ぶことができます。
塩を題材にした自由研究テーマが20本で選び放題!
  • 尾木ママも推薦!この夏、研究するのにふさわしいテーマのひとつ「感染症」
この夏研究するのにふさわしいテーマのひとつといえば「感染症」。教育評論家の尾木ママこと尾木直樹さんなども、「今夏の自由研究、やるならコロナ研究」( https://ameblo.jp/oginaoki/entry-12614937455.html )と、テーマのひとつとして推薦しています。学研キッズネットでも「感染症ってなに?」「感染症にいどんだ偉人たち」といった感染症に関する研究テーマを「くすりのヒミツを大研究」https://kids.gakken.co.jp/jiyuu/medicine/)にて公開しています。加えて、2020年スペシャルテーマとして「感染拡大防止テーマ」https://kids.gakken.co.jp/jiyuu/keyword/infection-prevention/)を特集し、感染症予防に欠かせない手洗いや石けんなどについての研究テーマも公開しています。
いま世界中で関心が高まるくすりに関する研究テーマも多数!
今年のスペシャルテーマとして「感染拡大防止」を兼ねたテーマも!
  • 3ステップで読書感想文の書き方がわかる!「読書感想文カンペキナビ」
また、「自由研究」と並び、夏休みの二大宿題といえば「読書感想文」。学研キッズネットでは、以前から公開していた「読書感想文カンペキナビ」https://kids.gakken.co.jp/jiyuu/book_report/)をこの夏、アップデートしました! 「本の選び方」から「本の読み方」「感想文の書き方」まで、3つのステップごとにテクニックを指南し、読書感想文に対してスムーズに取り組んでもらうためのお手伝いをしています。2020年の夏休みは、新型コロナウイルスの影響によって、期間が短縮となり、外出も制限され、例年よりも自由研究などに取り組みづらい状況です。そんなときだからこそ、小・中学生親子のお助けサイトとしての役割をこれまで以上に発揮して、今後も役に立つコンテンツの更新を続けていきます。
読書&感想文のコツを3ステップで簡単に教えちゃいます!
  • 『自由研究プロジェクト』について
小学生・中学生の夏休みの自由研究を強力サポートする大特集。テーマ・ネタ探しから、研究の進め方、レポートのまとめ方まで、解説コンテンツが充実。長年作り続けてきた500以上の研究テーマを掲載し、かつ、4つの「カテゴリー」(実験・観察・工作・調べ学習)や「対象学年」「かかる日数」によって検索機能も備え、自分好みの研究テーマを探し出すことが可能。自由研究に取り組む全国の小・中学生およびその保護者にとって欠かせないサイトとなっています。その中でも「夏休みおうえんスペシャル」は子どもたちの学びを応援する企業や団体と一緒に作り上げる期間限定のコンテンツ。毎年多くの親子に閲覧されています。
  • 『学研キッズネット』について
最盛期には670万部の部数を誇った学年誌『科学』と『学習』から派生して1996年にローンチ。当時としては先進的な「子ども向けのオンライン教育コンテンツサイト」として学校教育の現場でも重宝されてきました。主なコンテンツは、科学の疑問を解決する「科学なぜなに110番」や、子どもたちの将来のキャリアをサポートする「未来の仕事を探せ」、日本中で見学できる工場をガイドする「全国工場見学ナビ」、そして、2000年前後から急激にトラフィックを集め出した「自由研究プロジェクト」。20年以上に渡り、自由研究の「考えるヒント」を子どもたちに与える唯一無二のサイトとして運営してきました。

■媒体概要

配信元企業:株式会社ワン・パブリッシング

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ