サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。

この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。

今回は、元ポルトガル代表MFのルイス・フィーゴ氏がレアル・マドリー時代に決めたフリーキックだ。


フィーゴ氏は1995年夏に加入したバルセロナで5シーズン活躍した後、2000年7月にライバルクラブのマドリーへ電撃移籍。スペインを代表するライバルクラブ間での移籍は“禁断の移籍”と騒がれたが、移籍後も変わらぬ活躍を見せていた。

緩急自在のドリブルが最大の武器であったフィーゴ氏だが、2004年1月13日に行われたコパ・デル・レイラウンド16の2ndレグのエイバル戦ではFKから見事なゴールを決めている。

1stレグを1-1の引き分けで終えたマドリーがサンティアゴ・ベルナベウにエイバルを迎え入れたこの試合。FWロナウドゴールで先制すると、68分にはゴール正面やや右の好位置でFKを獲得する。

フィーゴは、DFロベルトカルロスとともにキッカーを担うと、壁の外側から巻くシュートを選択。ボールは相手GKがギリギリ届かないゴール右上の隅へと突き刺さった。

このファインゴールで試合を決定づけたマドリーはそのまま2-0で勝利。2戦合計3-1で準々決勝へと駒を進めている。

サムネイル画像