"ホリエモン"こと堀江貴文氏と元「2ちゃんねる管理人ひろゆき氏による『週刊プレイボーイ』の対談コラム「帰ってきた! なんかヘンだよね」。

今回のテーマは、新型コロナウイルス第2波が来たら。前編では、堀江氏が「欧米は、第2波が来たとしても緊急事態宣言を出さないような気がしている」と語ると、ひろゆき氏も「ヨーロッパの人たちは、1日100人くらい死ぬことに慣れちゃっている部分があると思う」と応じた。

※この記事は、7月20日発売の『週刊プレイボーイ31・32合併号』に掲載されたものです。

* * *

ひろ 韓国や台湾、中国みたいに、アプリでひたすら感染者を隔離するという方法もありますよね。まあ、日本の『新型コロナウイルス接触確認アプリCOCOA)』はずいぶんと叩かれていますけど。

ホリ なんかバグが多いらしいね。

ひろ 堀江さんはインストールしました?

ホリ いや、入れてない。

ひろ その理由は?

ホリ なんか、バッテリーを消耗しそうじゃん。

ひろ ブルートゥース通信をずっとすることになるんで多少は減るでしょうけど......。てか、そんなにバッテリーのこと気になります?

ホリ なるよ。だって俺、普段からものすごくスマホを使っているから。

ひろ 確かに、堀江さんって基本スマホをイジっていますよね。人と話しているときも(笑)

ホリ そう。

ひろ でも、接触確認アプリ濃厚接触していることがわかるなら、その情報は知れたほうがよくないですか?

ホリ 俺、そもそもキャバクラとか行かないし(笑)。つまり、リスクが高い所には基本的に行かないのよ。濃厚接触しそうな場所って、頭で考えたらわかるじゃん。

ひろ ですね。でも、飲食店とかで感染する可能性もあるじゃないですか。例えば、居酒屋さんで一緒にご飯を食べた人が感染者だったみたいなパターンとか。

ホリ 俺は居酒屋で一緒にご飯を食べることが少ないから。コロナ騒動の前からメチャクチャ知っている人以外とは基本的に会わないし。例えば講演会に登壇しても、その後の懇親会とかは絶対に出てなかったくらい。不特定多数の人と会うことなんて少ないんだよ。

ひろ 確かに堀江さんが居酒屋さんとか行ったら面倒なことになりますからね(笑)。「あれホリエモンじゃね?」みたいな。

ホリ そういうの超うっとうしいんだよね。だから、そういう人たちとはコミュニケーションとらないような生活をしているわけよ。

ひろ 最初から接点を持たないと(笑)

ホリ うん。それで信頼できる人から紹介された人だけに会っている。だから、前回も言ったけどトレーサビリティがすごくあるんだよ。知り合いが感染していたら、その情報はすぐに入る状態になっているのさ。

ひろ そうやって接触する人を減らすという形で自粛をしているんですね。

ホリ まあ、自粛っていうよりも、普段の生活からそうなんだけどね。

堀江貴文(ほりえ・たかふみ)
1972年10月29日生まれ、福岡県出身。SNS株式会社オーナー兼従業員。近著に『堀江貴文vs.外食の革命的経営者』(ぴあ)

西村博之(にしむら・ひろゆき
1976年11月16日生まれ、神奈川県出身。元『2ちゃんねる管理人。最新刊は『1%の努力』(ダイヤモンド社)

構成/杉原光徳 加藤純平 イラスト/西アズナブル

「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」を入れない理由について「なんか、バッテリーを消耗しそうじゃん」とホリエモン