ドイツの湖にて裸で日光浴をしていた男性が、ノートパソコンが入ったバッグを野生のイノシシに奪われた。裸のままイノシシを追いかけている男性の写真がSNSで話題になっている。最終的に男性は無事にノートパソコンを取り戻したという。『Metro』『The Guardian』などが伝えている。

ドイツベルリンにあるトイフェルゼー湖は、ヌードで日光浴が楽しめる湖として知られている。この湖に遊びに来ていたアデル・ランダウアーさん(Adele Landauer)も湖畔でリラックスした時間を過ごしていた。

すると野生のイノシシが近くの森から現れ、湖に泳ぎに行っていて誰もいなくなった場所に置かれたピザなどの食べ物を漁り始めた。アデルさんは「ロサンゼルスに住む孫は野生のイノシシを見たことがないと思ったので、孫に見せるために写真を撮ろうと思いました」とのちに明かしている。

アデルさんが写真を撮っていると、別のイノシシが2匹の子供を連れており、口に黄色いバッグをくわえていた。その後すぐにこのイノシシを追いかける裸の男性が現れたのだ。アデルさんは当時のことを「イノシシがくわえていたバッグには、食べ物が入っていると思っていました。しかしその中には男性のノートパソコンが入っていたので、男性は裸のまま必死に追いかけていたんです」と振り返っている。

周囲には多くの人がおり、イノシシを追いかける男性に「頑張れ!」「行け行け!」など声をかける人もいれば、笑っている人もいたという。イノシシ藪の中に入ってしまい、追いかけていた男性もそのまま藪に入っていった。周囲の人は「取り返せたかな?」「戻ってきた?」と話し、この状況を見守っていた。

しばらくして男性が黄色いバッグを片手に戻ってくると周囲からは拍手が起こり、男性に対して「君はヒーローだ」「素晴らしい光景だったよ」と労ったそうだ。

一連の出来事を撮影していたアデルさんは、周囲の人から撮った写真をシェアしてほしいと頼まれた。アデルさんが男性に「シェアしても大丈夫か?」と尋ねると、「私は気にしないよ。好きなように使ってください。私はただノートパソコンを取り戻せたから嬉しいんだ」と男性は笑って承諾したという。

アデルさんは人生や生活についてアドバイスをするライフコーチとして働いており、今回のハプニングについて「これは良い成功体験の例になると思います。目標(ノートパソコンを取り戻すこと)にわき目も振らずに集中して彼は成し遂げました。自分の目標に集中しましょう」とコメントしている。

画像は『The Guardian 2020年8月7日付「You swine! German nudist chases wild boar that stole laptop」(Photograph: Adele Landauer/pixel8000)』『Personal & Digital Mentor 2020年8月7日InstagramYesterday at the lake in Berlin I saw a real hero.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト