台風5号 九州や西日本太平洋側で大雨警戒

画像

三連休最終日のきょう10日(月)は、東シナ海を北上している台風5号の影響で、沖縄や九州、中・四国では激しい雷雨や暴風、高波などに警戒が必要です。

午前6時現在、台風5号は五島市の南南西約250kmを時速45kmと速いスピードで北上しています。台風に伴う活発な雨雲は、九州の西海上から南西諸島にかけてに広がっており、また、南からの暖かく湿った空気がぶつかる宮崎県や高知県の南側斜面では、局地的に激しい雨が降っています。

台風5号は午後にかけて、対馬海峡付近を通り、朝鮮半島へ進む見込みです。九州や中・四国では、昼頃から広い範囲で雨が降るでしょう。台風の中心に近い九州北部や、西日本太平洋側の南側斜面の地域では、局地的に激しい雷雨となり、大雨になる恐れがあります。土砂災害や低地の浸水、河川の増水・氾濫などに注意・警戒をして下さい。

●11日6時までの24時間に予想される雨量(多い所で)
四国地方     250ミリ
九州北部地方   120ミリ

また、九州北部では風が強まり、夜のはじめ頃にかけて、非常に強い風が吹いて、海上では大しけとなるでしょう。予想される最大風速(最大瞬間風速)は23メートル(35メートル)、波の高さは6メートルです。なるべく外出は避け、海岸などには近づかないようにして下さい。沖縄でも、明日11日(火)にかけて波の高い状況が続くため、海岸付近では高波に注意が必要です。

夕方~夜遅くになると、近畿や東海の各地でも雨が降り出すでしょう。急な強い雨や落雷などに注意をして下さい。

台風5号 九州や西日本太平洋側で大雨警戒