7月8日、あるTwitterユーザー

「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」の声に驚いて振り向くと、惣菜コーナーで高齢の男性と、幼児連れの女性。男性はサッサと立ち去ったけど、女性は惣菜パックを手にして俯いたまま。
私は咄嗟に娘を連れて、女性の目の前でポテトサラダ買った。2パックも買った。大丈夫ですよと念じながら。

ツイートを行った。これをきっかけに「ポテサラ論争」なる騒動が勃発。ネット上のみならず、新聞やテレビ等にも拡大していった。元になったツイートには8月11日の時点で40万近い「いいね」が寄せられている模様。

8月4日には、あるユーザー

夜ご飯しんどくて冷凍餃子にしたの。 長男が『ママ餃子美味しい!』って喜んでたの見て旦那がすかさず 『手抜きだよ。これは れ い と う っていうの』 この人ポテサラじいさん予備軍みたいなんで埋めるか打ち上げて良いですか

というツイートが話題に。味の素冷凍食品のアカウントが、上記を受けてのものと思われる

冷凍餃子を使うことは「手抜き」ではなく「手“間”抜き」ですよ!
工場という“大きな台所”で、野菜を切って、お肉をこねて、皮に餡を包んで…という大変な「手間」をお母さんに代わってに丁寧に準備させていただいています。(続)

等のツイートを行い反響を呼ぶなどして、今度は「冷凍餃子論争」が巻き起こった。

関連記事:「使うことに何の罪悪感もありません」 冷凍餃子論争に一石を投じた味の素冷凍食品のツイートが話題に
https://getnews.jp/archives/2668089[リンク]

また、8月10日朝に放送された日本テレビスッキリ」では、この「冷凍餃子論争」をとりあげた。その際に男性が「唐揚げは揚げるだけだから簡単」「ジャンクフードだから手抜き」といった主旨の発言を行い、SNS上にキャプチャ画像が出回るなどして「唐揚げ論争」が勃発、と相成ったようである。

そんな中、声優の諏訪部順一さんは10日のお昼前に

ポテサラにしろ、冷凍餃子にしろ、唐揚げにしろ、自分以外の誰かが用意してくれたものならば、ありがたく頂くけどなぁ。親だろうと兄弟だろうと友達だろうと先生だろうと上司だろうと部下だろうと、やってもらって当たり前って事は何ひとつ無いと思うんだよなぁ。

ツイートを行った。
反響を呼び、
「ほんとそうですよね。感謝の気持ち大切だと思います」
「お茶一杯であってもが用意してくれた物は美味しいですしありたいですよね。何であっても、自分にしていただけることには感謝忘れずにです」
「用意して貰うだけで有難いと思います。 自分が用意する側になって、買い物行くのも大変だし、火を使うのも今だと暑くて嫌ですし(笑)、有り難さが目にしみてます」
「親しいから、身内だからと自分の思い通りにしてもらって当然ということは何一つないと思います。 人の厚意や苦労がわからないと周りを傷つけることになり、結果自分の心が満たされることはないように思います。 わたしは相手が自分のためにくれた気持ちと時間に感謝していきたいです」
といったような、賛同の返信が多数寄せられていたようである。

※画像は『いらすとや』より

―― 面白い未来、探求メディアガジェット通信(GetNews)』
ポテサラ・冷凍餃子・唐揚げなどがネット上で次々に論争となる中…… 声優の諏訪部順一さんのツイートに反響