ジャレッド・レトは、SFシリーズトロン」第3弾のタイトルを、うっかりツイートしてしまったようだ。

スーサイド・スクワッド」などで人気のジャレッド2017年、同作参加の交渉が初期段階であることを明かしていたが、「LION ライオン 25年目のただいま」のガース・デイヴィスが監督に決まったという報道を受けてコメントを投稿、同作品のタイトルを綴ったものの、その後、削除している。

ジャレッドは、最初ツイッターにこう投稿していた。  

「『トロン』(※当初は第3弾のタイトル)に出演することを認めることができてとても興奮しているし、誇りに思っている」
「僕達は、君達皆が愛してくれるようなものを全力を尽くして作るつもりだ。皆のために、とても特別なアイデアが数々あるからね」

その後、ジャレッドはこの投稿を素早く削除、題名の部分を「トロン」と変えて、同様の文を再投稿した。

しかしながら、ジャレッドが出演並びに製作を担い、デイヴィスが監督に就任したとしても、作品の製作自体にはまだゴーサインが出ていない。

コンピューターの内部世界を描いた「トロン」は1982年に公開され、その後続編「トロンレガシー」が2010年に製作されている。