中国で先日、妻の“浮気”を知った男が暴力を働いた挙げ句、治療のために訪れていた病院の機器を破壊するという一件があった。医師から妻への一言を聞き、夫はブチ切れてしまったのだという。

9月22日23時ごろ、石潭鎮(湖南省湘潭市)にある診療所のCT室に大きな音が鳴り響いた。当番の看護師が急いで様子を見に行くと、男が一人、手に棒を持って「ごろつきがどんなものか見せてやる」などとつぶやきながら、設置されていたCT装置を破壊していた。

その後、男は男性医師数人によって取り押さえられ、警察に引き渡されることになったが、装置はすでに使い物にならない状態に。結局、病院側は大きな損害を被ることになった。

気になるのは、いったいなぜこの男が破壊行為に及んだのかだが、それには複雑な事情があったようだ。

男は最近、「あなたの奥さんが浮気をしている」という噂を知人から耳にして激怒。妻は必死に「誰かが私を陥れようとしているのよ」などと否定したが効果はなく、その日、男に暴力を振るわれていた。

そして、妻は治療のために同病院を訪れることにしたのだが、疑心暗鬼な男は「浮気相手の家へ逃げないかどうか確かめる」と同行。病院で医師は、治療するにあたって男の妻に「CT検査をするから服を脱いでください」とごく普通に診察をしていたところ、興奮状態の男は「服を脱いで」という言葉に過剰に反応し、結果、まったく関係のないCT装置を破壊するという、何とも意味の分からない行動に出たそうだ。