オーストラリアゲームデベロッパーDanstarr13は、SCP財団テーマにしたサバイバルホラーSCP: The Foundation』Steamストアページを開設した。価格は無料。8月28日から開発中ゲームリリースする早期アクセス配信がスタート予定だ。

 SCP財団とは、超常的な能力を持つ存在を収容する架空の組織の名称だ。SCP財団に収容された存在に対する報告書という形で、ユーザーたちがさまざまな怪異に関するデータを創作で記しており、それらはwikiページにまとめられている。

 『SCP: The Foundation』はランダム生成されるマップを特徴としたホラーゲームとなっており、プレイヤーはもっとも扱いの悪いDクラス職員として、ほかのDクラス職員2名と共に収容違反が起きた施設からの脱出を目指す。バージョン0.0.1.0では以下の5つのオブジェクトが登場する。

SCP-173 “The Statue” EUCLIDSCP公式Wiki
SCP-106 “The Old Man” KETER(SCP公式Wiki
SCP-087 “The StairwellEUCLIDSCP公式Wiki
SCP-093 “Red Sea Object” EUCLIDSCP公式Wiki
SCP-914 “The ClockworksSAFESCP公式Wiki

 これらのオブジェクトプレイヤーを襲ってくるだけでなく、脱出に際して必要になる場合もあるという。各オブジェクトの特性はSCP財団の作品に準じているので、それらの知識があればうまく利用できる。開発が進むにつれてほかにもさまざまなオブジェクトを追加予定だという。

 また施設内には危険なオブジェクトだけでなく、緊急事態に際してDクラス職員への攻撃を許可された警備兵も配置されている。危険なオブジェクトや警備兵をうまく避けるため、プレイヤーはほかのNPCキャラクターふたりと協力しなければならない。たとえば、SCP-173に出会えばほかのNPCと協力してオブジェクトを見つめ続ける必要があるだろう。

 早期アクセスではゲームスタートからゴールまで遊べるようになっており、技術的には完成品としてリリースされる。前述の通りさらに多くのSCPが追加される予定だ。正式リリースではアニメーショングラフィックの向上も視野に入れている。

(画像はSteam『SCP: The Foundation』より)
(画像はSteam『SCP: The Foundation』より)
(画像はSteam『SCP: The Foundation』より)

 なお、SCP財団の創作物はクリエイティブコモンズライセンスで保護されており、有名な「SCP-173」など一部のオブジェクトは営利目的で利用できない。ただし本作において開発者は「登場するSCPの権利は作者に帰属し、他者の創作物を使って利益を得ることはしない」と語っている。

 ゲームの題材としても人気が高いSCP財団テーマにした『SCP: The Foundation』は8月28日リリース予定だ。ゲームに興味がある方は、Steamウィッシュリストに登録してリリースを待ってほしい。

ライター古嶋 誉幸

『SCP: The Foundation』のSteamストアページはこちら
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter@pornski_eros