8月10日、あるTwitterユーザーが

Go Toでちょっと高い旅館に泊まったら、大失敗。出てきた夕食がこれ。さらに天麩羅とごはん、お吸い物。多すぎて到底食べきれない。シニア層がメインターゲットのはずなので、つまり廃棄前提(としか思えないし、実際にかなりの廃棄が出ているはず)。不味くはないけど、体験価値としては……

とツイートし、テーブルいっぱいに並べられた料理の画像をアップした。
これに対し、
「旅館の料理も見直す時期に来ているのかも」
といったような意見もあれば、
「旅館の料理の量としては普通」
「事前に多くは食べられないと伝えるべきだった」
等、賛否さまざまな意見が寄せられ反響を呼ぶ。

参考:
Go Toでちょっと高い旅館に泊まったら、大失敗。多すぎて食べきれないし廃棄前提としか思えない。明らかに時代遅れ。まさに田舎のおもてなし。→批判殺到
https://togetter.com/li/1575110

12日夜の時点で3000を超える返信が寄せられるなどしてツイートは拡散され、「廃棄前提」というワードがトレンド入りする事態に。中にはかなり辛辣な意見もあり、プチ炎上ともいえる状態になった感もある。
読者の皆様は、いかがお考えになるだろうか。

※画像は『いらすとや』より

関連記事:
「廃棄前提おじさん」「田端大学」等がTwitterトレンドに 田端信太郎さん「燃えないゴミは、ただのゴミだ。炎上できることは才能なんだ」
https://getnews.jp/archives/2677928[リンク]

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』
「ちょっと高い旅館」で出てきた夕食の量で議論に 「廃棄前提」というワードがTwitterのトレンド入り