亡くなった人の服をゾンビ姿で販売する女性

亡くなった人の服をゾンビ姿で販売する女性 image credit: youtube

 コロナによるパンデミックは、世界中の様々な事業に大きな打撃を与えた。多くの失業者が出たが、小さな商売で日々を凌いでいる人々の生活も葛藤の日々を強いられることになった。

 タイ北部に住むある女性も、この3年間路上で亡くなった人たちの衣類を売るという商売でなんとか毎日を過ごしてきたが、ロックダウンとなり、大打撃を受けてしまった。

 そこで女性は、オンラインでの通販に切り替えることを思い立ち、ゾンビになりきって通販のライブストリーミングを始めたところ、かなり注目され売り上げが急上昇したという。

―あわせて読みたい―

いたるところにゾンビ発生。ゾンビ増殖どっきり映像
ゾンビが世界を終焉させる?ゾンビ的病原体蔓延の危険性を警告する論文が発表される(米研究)
本気出しすぎ。ベルギー、ブリュッセルの街を練り歩くゾンビな人々(ゾンビリアリティ注意)
イギリスにゾンビが大量発生。「世界ゾンビデー」が今年も開催。目的は貧困者を救うチャリティイベント(※本格ゾンビ注意)
ゾンビメイクのまま発作を起こした女性。あまりのクオリティに病院側は傷を負っていると勘違い(アメリカ)※ゾンビ注意


มิติใหม่ สาวแต่งหน้าผีไลฟ์สดขายเสื้อผ้าคนตาย ไม่เฮี้ยนทุกตัวผ่านการบังสุกุล(เพชรบูรณ์)

死者の遺品の衣服を売る女性

 タイ北部チョンデーン地区に住むカニッサ・リンナクさん(40歳)は、死者の遺品である衣類を同地区の路上で3年間売る商売をして、生活を凌いできた。

 日々の売り上げはとても少なく、毎日なんとか家族が食べていけるのがやっとという生活を続けて来たカニッサさんだったが、コロナによりロックダウンとなり、商売はもろに打撃を受けた。

 なんとかして稼がなければならないと思い悩んだカニッサさんは、通販で遺品を販売することを思い立った。

 しかし、ただ普通にするだけでは稼ぐことなどできないだろうと思ったカニッサさんは、自身に白いファンデーションを塗ってゾンビのようなメイクを施し、ライブストリーミングで商売の宣伝を行った。

woman_e


 すると、数人しかいなかった閲覧者が5日間で最大4000人に増えるほどになったのだ。

真夜中の通販ライブ配信のおかげで売り上げが急上昇

 カニッサさんは、午後10時~午前3時までの間、ライブ配信を行っているという。

 ネットショッピングするには最適の時間とは言えないが、カニッサさんのゾンビ姿を見たくて集まってくる人たちのおかげで、これまでにない売り上げ効果を得ているそうだ。

 普段、ネットオークションに出す服を、地元の寺院の司祭に清めてもらっているカニッサさんは、近所の貧しい人たちの手助けもしている。

 ライブストリーミングSNSで注目されたことで、地元メディアからの取材を受け、死者の服を試着することについてどう思うか尋ねられると、カニッサさんは次のように応えている。

家族を食べさせるためにお金が必要なので、この商売に特に不快さを感じることはありません。ただ、生活していかなければならないだけです。

 ゾンビ姿が話題を呼び、これまでの売り上げをはるかに上回る収入を得ることができたことはまさに予想もしていなかったことであり、カニッサさんは喜びの声をあげている。

written by Scarlet / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52293561.html
 

こちらもオススメ!

―人類についての記事―

人食い殺人鬼のターゲットの選び方、殺しのパターンが判明(米・独共同研究)
同じ笑顔でも反社会的人格を持つ人だと信頼感を下げることが判明(米研究)
長すぎてロング!股下134cm、身長210cmのあしなが女性に注目が集まる(アメリカ)
M.C. ハマーの替え歌で生徒にコロナ感染予防を呼びかける校長先生の面白PV動画(アメリカ)
事件に巻き込まれ殺されたと思われていた男性、5年後に生きて発見される(イギリス)

―知るの紹介記事―

我々の骨は宇宙由来。カルシウムたっぷりの超新星が放つX線の観測に初めて成功
ドイツの環境省、昆虫保護のため夜の照明を暗くする法案を検討
街の人気者だったエミュー2頭だが、素行が悪すぎてパブを出禁に(オーストラリア)
自殺予防の為、水道水の中に気分安定剤「リチウム」を入れるべきだと科学者が提案(英研究)
人食い殺人鬼のターゲットの選び方、殺しのパターンが判明(米・独共同研究)
亡くなった人の遺品の衣類をゾンビ姿で売る女性(タイ)