ホームレスの犬を無償で診療する獣医

ホームレスの犬を無償で診療する獣医 image credit:Dr. Kwane Stewart/Facebook

 国によって事情が異なるが、アメリカでは昨日まで普通の暮らしをしていた人が突如家を失い、ホームレスとなってしまうこともある。

 高額な医療費だったり、不況のあおりを受けたり、不運が重なったりと、どうにもならない事情を抱えてしまうのだ。アメリカホームレスの数は公式な数字だけでも50万人以上にのぼると推定されている。

 中でもカリフォルニアホームレスが多い州で、15万1278人の人々が路上生活をしていたことが去年の調査で判明しており、明日は我が身、いつ自分がホームレスになるかわからない状況にある。

 家も家族も失ったホームレスにとっての唯一の心の支えはペットだ。そんな彼らのペットを無償で治療する獣医が存在する。

―あわせて読みたい―

運命の出会い。1人のホームレスの人生を救った1匹の猫の物語
アメリカ版赤ひげ先生。ホームレスの姿をしてホームレスを無償診察する医師
ホームレスとペットの絆。無償の愛で結ばれた唯一無事の家族
やりがいを感じるけど実は大変。アメリカの獣医師たちが語る、獣医のお仕事に関する12の舞台裏
戦場に取り残された動物園の動物たちを救うため、危険地域を飛び回る日々を送るヨルダンの獣医師たちの物語


Dr. Kwane Stewart: “The Street Vet”

ホームレスのペットを診察して回るストリート獣医

 2007年アメリカを大不況が襲った時、獣医師のクウェイン・スチュワートさん(49歳)は「今こそ、困っている人々を助けるべきだ」と決意した。

 そして、2011年からカリフォルニア州ホームレスたちのペットを無償で診察するために、あちこちの地域を回るようになった。

 スチュワートさんは、基本の餌や薬代を自身のポケットマネーから支払っている。しかし、複雑な症状を抱えていたり、病を患ったりして手術が必要なペットを抱えるホームレスたちもいる。

 そこで、スチュワートさんは4本足の患者が必要とする治療代や手術費用をカバーするためにクラウドファンディングサイト『GoFundMeアカウントを設置し、善意の寄付を募りながら、日々全力でペットたちを救うべく奔走している。

 耳の感染症、アレルギー症状、ノミ治療、ワクチンなど軽い治療に至っては、約100ドル(約10500円)ほどの費用がかかるが、腫瘍の除去や抜歯、関節炎など深刻な症状の場合には1500ドル(約158000円)以上の費用になってしまう。

 そのため、人々からの善意の寄付が大きな支援となるのだ。

より多くの獣医師を街に出し、より多くのペットを救うことを使命に

 現在、ウォルターさんというホームレスの飼犬ディンカーは、稀な症状の病を抱えていて、専門医による手術を必要としているそうだ。

 スチュワートさんは、ディンカーのために手術が実現するよう取り組んでいる最中だが、非常に高価な手順となることを認識している。

 それでも、スチュワートさんは諦めない。

 これまでの経験から、彼は多くのホームレスの人たちが抱える様々なストーリーや思いを身近に感じてきた。彼らの生きる姿を通して、希望や愛、思いやり、闘志を持ち続けて接することが何より大切だと学んだ。

 ホームレスの人々は、貧しくてもペットをとても可愛がっている。孤独な生活の中、彼らにとっては傍に寄り添ってくれるペットが唯一無二の家族なのだ。


動物は、人を判断しないし裏切りません。無条件の愛を与えてくれますからね。(スチュワートさん)

 見知らぬ人たちの善意の寄付は順調に集まっていることにも、大きな感謝を示すスチュワートさん。

 寄付がより多く集まれば、他の獣医師もサポートとして街へ送り出すことができ、より多くのペットを救うことに繋がる。


 今日も、スチュワートさんは医療バッグを抱え、カリフォルニアの路上のペットたちを助けるために尽力していることだろう。彼の活動は、FacebookInstagramYouTubeからも見ることができる。

written by Scarlet / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52288621.html
 

こちらもオススメ!

―人類についての記事―

亡くなった人の遺品の衣類をゾンビ姿で売る女性(タイ)
人食い殺人鬼のターゲットの選び方、殺しのパターンが判明(米・独共同研究)
同じ笑顔でも反社会的人格を持つ人だと信頼感を下げることが判明(米研究)
長すぎてロング!股下134cm、身長210cmのあしなが女性に注目が集まる(アメリカ)
M.C. ハマーの替え歌で生徒にコロナ感染予防を呼びかける校長先生の面白PV動画(アメリカ)

―知るの紹介記事―

お酒を飲むと新型コロナの感染リスクが高まる4つの理由(アメリカ)
亡くなった人の遺品の衣類をゾンビ姿で売る女性(タイ)
我々の骨は宇宙由来。カルシウムたっぷりの超新星が放つX線の観測に初めて成功
ドイツの環境省、昆虫保護のため夜の照明を暗くする法案を検討
街の人気者だったエミュー2頭だが、素行が悪すぎてパブを出禁に(オーストラリア)
ホームレスの犬を無償で診察する獣医師(アメリカ)