メイン画像

14日15時半までの最高気温は、全国で最も高かったのは、高知県四万十市中村で39.8℃、次いで静岡県浜松市船明で39.0℃でした。九州から東海では、多くの所で35℃以上の猛暑日になり、今年最も高くなりました。

高知県四万十市中村で39.8℃ 高知県や静岡県など体温を超える気温

14日は、日本の南に中心を持つ高気圧が、本州付近を覆いました。このため、九州から関東を中心に朝から強い日差しが照りつけました。15時半までの最高気温は、全国で最も高かったのは、高知県四万十市中村で39.8℃でした。次いで、静岡県浜松市船明で39.0℃、高知県四万十市西土佐、静岡県浜松市佐久間大分県豊後大野市の犬飼で38.4℃となりました。いずれも、今年最も高くなりました。
そのほか、鹿児島36.4℃、福岡37.1℃、広島34.6℃、神戸35.5℃、京都37.2℃、名古屋37.4℃など、広く35℃以上の猛暑日になり、今年最も高くなりました。東京都心は34.2℃でした。

夜になっても気温25℃下回らない予想 熱中症対策を

夜になっても、気温は下がりにくいでしょう。九州から関東では、15日朝の最低気温は、25℃を下回らない所が多い見込みです。夜でも冷房を使用するなど、熱中症対策が必要です。

高知県と静岡県で39℃以上 九州~東海では今年最も高い気温