米国の歴史的な事件となった、ジョージ・フロイド氏の死亡事件。ミネソタ州ミネアポリスで5月25日に事件が発生してから、早くも2カ月以上が経過した。

 このケースでフロイド氏は、偽の20ドル札を使った容疑で、現場にて警察に拘束された。その際、白人警察官に後ろ手に縛られて、地面にうつ伏せで押さえつけられ、8分46秒も背部を圧迫されたことで窒息死した。

 フロイド氏を死亡させたのが白人警官だったことと窒息死するフロイド氏の動画が拡散されたことで、事件後には全米各地で「Black Lives Matter(ブラックライブズ・マター)」の抗議デモが発生。結果、ミネアポリスやワシントンDCなど各地で、警察が取り締まりの際に首を押さえつけることを禁止するなどの措置が取られることになった。

開された“フロイド氏の解剖結果”

 米国ではこうした事件が起きると、死因を追及する検視局(警察から独立した死因究明のための役所)が解剖などを実施して徹底的に死の原因を調べる。そして、その結果は誰でも見られるように公開される。事故や事件、不審死などで、人々がどう死亡したのかを、検視官や法医学者が徹底して専門的に調べることで、今後の予防に役立てるのである。死者の声を聞くことで生きている人たちが安全に暮らせるよう、きちんと調査を行っている(病死の場合は病院で調べられる)。

 今回のフロイド氏のケースも例外ではない。すでにフロイド氏の解剖結果も米国では公開されている。そしてその結果を踏まえ、この事件を別の角度から考察してみたい。

 まずはっきりさせておきたいが、この事件では警察官がその権力を行使し、一般市民であるフロイド氏を殺害するに至っている。公開されている動画でも特に危険な動きを見せていないフロイド氏が何人もの警察官に取り囲まれている様子がわかる。フロイド氏が、警察の過剰な行動による被害者であることは揺るぎない事実である。

法医学者はどう見るか?

 一方で、その解剖結果を分析してみると、フロイド氏の事件について日本ではあまり報じられなかったアメリカ社会の現実が浮き彫りになってくる。

 フロイド氏の解剖レポートは、日本大学医学部社会医学系法医学分野の奥田貴久教授に検証してもらった。奥田氏は米国メリーランド州検視局 (OCME)で法医病理学の教育を受けるなど国際派の法医学者である。

 動画で拘束時の様子を観たという奥田氏は、その印象をこう語る。「フロイドさんは、会話は可能で、繰り返し呼吸苦を訴えていました。やがて反応がなくなってしまい、現場で心停止した様子が窺えます。単に頸部を圧迫されたために起きる気道閉塞ではなく、狭いスペースうつ伏せに圧迫されたために胸郭運動が制限されて呼吸できなくなる、いわゆる“胸腹部圧迫による窒息”が死因に関与している印象を持ちます」

ロイド氏は“鎌状赤血球貧血症”を患っていた

 実はフロイド氏は2度、解剖されている。1回目は、ミネソタ州ヘネピン郡の監察医によって行われた。2回目はフロイドさんの家族が私的に要請した有名法医学医が執り行った。一般的に、米国では、1回目の解剖結果に遺族が不信感を抱く場合や、大きな話題になるケースでは、2度解剖を行うということも少なくない。

 2度の結果のうち、ヘネピン郡の監察医が行なった解剖レポートは、インターネットを通じて世界中のだれもが入手可能だ。米国は、個人情報の保護よりも市民の知る権利を優先する。いかにも米国らしいやり方だ。

 まず、フロイド氏の健康状態はどうだったのか。奥田氏は「レポートによると、動脈硬化性心血管病の基礎疾患を持っていたことがわかります。また、心臓肥大に加えて、深刻な冠動脈狭窄症があることが記録されている」と指摘する。冠動脈狭窄症とは、心臓を栄養する冠動脈の血管が動脈硬化によって細くなった状態を指す。狭心症の原因にもなる状態だ。

 さらに、「黒人に多いと言われる鎌状赤血球貧血症も患っていたようです。これらから低酸素血症が心臓に多大な負荷を与えたことが推察される」と言う。鎌状赤血球貧血症は、赤血球が破壊されることで起こる貧血のこと。つまり、これらの持病が、圧迫による窒息を促したのである。

血液中から検出された3つの薬物

 また看過できない事実もある。薬毒物分析では、「フェンタニール、メタンフェタミンコカインなどの違法薬物が血液中から検出された」という。フェンタニールは、オピオイド系鎮痛剤。近年、米国では毎日100人を超える人がこのフェンタニールの過剰摂取で死亡するほど社会問題になっている薬物だ。2016年に死亡した歌手のプリンスも死亡後に体内から高濃度のフェンタニールが検出され、死因は過剰摂取だったとわかっている。

 メタンフェタミンは興奮作用をもたらす覚醒剤であり、これも米国では社会問題になっている。2017年の全米調査では、人口の5.4%(1470万人)が一度は使ったことがあると答えており、年間160万人が使用していると言われている。もう一つ検出されたコカインは言うまでもない精神刺激薬だ。こちらも米国では150万人(2014年調査)が使用していると指摘されている。

 つまり、フロイド氏はいくつもの強力な麻薬が血中に残っている状態だった。実際、偽札を使用したお店では「相当酔っ払ったような状態」だったという。

 奥田氏は言う。「違法薬物は、各々の血中濃度が中毒域に達していなくても、併用することで薬理作用が増強し、身体に過度な負荷がかかることは広く知られています。解剖のレポートでは、死因を『心停止と法執行機関による逮捕時の拘束と頭頸部の圧迫の合併、心疾患と違法薬物の使用が関与』としています」

 つまり、薬物摂取による過剰な興奮が死に影響している可能性があるという。

共和党支持者らの68%がBLMに反対している

 実は、米国内では、「ブラックライブズ・マター」の抗議デモを冷めた目で見ている人も少なくない。そしてその理由には、フロイド氏が意図的だったか無自覚だったかはわからないものの、偽札を使った事実や、体内から違法薬物が検出されたといった解剖結果も影響していると指摘されている。

 7月21日に発表された米世論調査では、「ブラックライブズ・マター」を支持する米国人は63%。政党ごとで見ると、黒人も多い民主党支持者らは92%が「ブラックライブズ・マター」を支持しているが、共和党支持者らの68%が反対の立場だ。意外にも、日本メディアではあまり伝わってこないが、反対している人も多いのが実態なのである。

 繰り返しになるが、もちろんそれでも、「息ができない」と断末魔の叫びを上げる人を警察官が執拗に押さえつけて殺害したことは確かで、これは決して許されることではない。事実、フロイド氏を押さえつけていた米ミネアポリス市警の元警官は、殺人罪で起訴されている。

ロイド氏の死因究明と検証は不可欠だ

 米国の死因究明では、「死因」以外にも「死因の種類」を決定しなければならない。病死、事故死、自殺、他殺、不詳のいずれかをはっきりさせなければならないということだ。「他殺」の中には、殺人だけでなく傷害致死も含まれる。

 フロイド氏のケースでは、2人の解剖医とも、死因は他殺で一致した。ちなみにアメリカでは警察から独立した医学的専門性がある検視局が死因を決める一方で、日本では病院以外での死亡ケースの場合(2017年は16万5837件)、警察官が死因の種類を決めている。

 フロイド氏のようなケースでは、死因が他殺か否かというのは、拘束時の警察官の過失を判断する重要な要素となる。解剖レポートは裁判にも使われるものなので、緻密で適切な分析が要求される。また、今後の警察の取り締まりの方法も左右するような重大なケースだけに、解剖による所見は非常に重要なものとなるのである。

 フロイド氏の死は決して無駄にしてはならない。そのためにも、きちんとした死因究明と、それを受けた検証は不可欠なのだ。

(山田 敏弘)

「Black Lives Matter」の抗議デモに集まった人々 ©AFLO