文藝春秋」8月号の特選記事を公開します。(初公開:2020年7月17日

「国民の命を守るのは政治の第一の責務」とは、安倍晋三首相が繰り返してきたフレーズのひとつである。

 だが、今回のコロナ対策では、失策が続き、それをカバーしようと言葉を尽くして説明を試みるも、国民を説得することはできず、言葉が空回りする場面が目立った。

 この安倍首相の「言語能力」を厳しく批判するのはノンフィクション作家の柳田邦男氏だ。

何を話していたのか頭に残らない……

〈もともと安倍首相は、語彙が乏しいとか、決まり文句を繰り返すだけで核心をそらすことが多く、本当の心情がつたわってこないと、政治記者などから評されていた〉

「スラスラだけどツルツル」。国会答弁やインタビューは常に立て板に水。だけど後から思い返すと、「何を話していたんだっけ?」と頭に残らない……安倍首相の不思議な“言語能力”がコロナ対策でも発揮されてしまったというのだ。

 その言葉に実体が伴わないのも問題だ。柳田氏が例として挙げるのは、安倍首相PCR検査件数を「1日2万件に倍増します」と繰り返し公言したことだ。

〈国内の1日当たりのPCR検査数は、3月中は、ずっと数百件から2000件程度で、横這い状態になっていた。4月6日になって、安倍首相が「2万件にする」と言うので、期待して見ていたら、4月はやっと増えて3000件から最大9000件を超えた日もあったが、2万件にはほど遠く、1万件さえ超えなかった〉

〈政権のトップが「2万」「2万」と叫んでも、目標に近づけないということは、どこをどうすることによって何千件増やすことができるという確かな具体策を見出せないまま、ただ面子を立てるために号令をかけているだけとしか思えない〉

「世界最大規模」と言ってのける“おかしさ”

 柳田氏は、安倍首相が巨額の補正予算を成立させたとき、「世界最大規模」と胸を張って見せたことにも、言語感覚のおかしさを感じ取った。

 裏付けのない空約束を真顔で繰り返し、未来世代に税負担を残すことに何ら痛痒も感じていないように見える首相の姿に、柳田氏は「この国の未来」の危うさを感じ取った。

安倍首相の言語感覚は、戦後の権力者の中で最悪のレベルにまで堕ちたと言いたい。言葉を壊す政治家は、国を壊す。事態は深刻だ〉

 柳田氏が安倍首相コロナ対策を痛烈に批判した「この国の『危機管理』を問う(2) 安倍首相の『言語能力』が国を壊した」は、「文藝春秋」8月号及び「文藝春秋digital」に掲載されている。新聞やテレビでは言及されない「危機管理の大失敗」の本質がよくわかる、全16ページの論考だ。

※「文藝春秋」編集部は、ツイッターで記事の配信・情報発信を行っています。@gekkan_bunshun のフォローをお願いします。

※音声メディア・Voicyで「文藝春秋channel」も放送中! 作家や編集者が「書けなかった話」などを語っています。こちらもフォローをお願いします。

(「文藝春秋」編集部/文藝春秋 2020年8月号)

付け焼き刃の対策が目立つ ©共同通信社