ゲームで残機が1つ増えるときに「1UP」という表記が使われる。かつてはアーケードゲームで1PLAYER側のことを「1UP」、2PLAYER側のことを「2UP」と表記していたが徐々に使われなくなったという。

ライフの残り数が増えることを「1UP」というようになるのはファミコンスーパーマリオで定着したようだ。「1UPキノコ」を獲ったり、コイン100枚集めたりすれば♪ピロリロリロというSEとともに「1UP」の表記が出てくる。

筆者は「ワンナップキノコ」と呼んでいたので「ワンナップ」派なのだが、「ワンアップ」派や「いちアップ」派もかなり多いようである。

これをどう読むかというのはネットで定番のネタで、たまに『2ちゃんねる』等でスレッドが立っていたりする。「○○が正式な読み方だ!」ということもないので、いつも「きのこの山派vsたけのこの里派」のような議論になっているようだ。世代間や地域で何らかの傾向があるのかどうかはわからないが、「ワンナップ」もしくは「ワンアップ」派にしてみれば「“いちアップ”は日本語と英語だからおかしい!」というような意見がある模様だ。

ちなみに、ソフトドリンクの『7 Up』の読みは「セブンアップ」のようだが、はたして。

※画像は「スーパーマリオ キノコ しおコショウいれ 1upキノコ