ライプツィヒは今夏チェルシーに移籍したティモ・ヴェルナーの後釜として、クリスタル・パレスに所属するノルウェー代表FWアレクサンダー・ソルロスに関心を示しているという。15日付でイギリス紙『ザ・サン』が報じた。

 クリスタル・パレスに所属するアレクサンダー・ソルロスは2019-2020シーズンシュペル・リグトルコ1部)のトラブゾンスポルに期限付き移籍。公式戦49試合に出場し33得点を決めて大活躍すると、チームリーグ2位躍進に大きく貢献した。これにより、2020-2021シーズントラブゾンスポルへ期限付き移籍することとなった。

 しかし、ナポリフィオレンティーナヴォルフスブルクなどからも関心が報じられる同選手の去就は不透明だという。

 ライプツィヒも同選手の獲得に関心を示しており、ソルロスをヴェルナーの代役として考えているという。ヴェルナーは2019-2020シーズンライプツィヒで公式戦45試合に出場し、34得点13アシストを記録。クラブブンデスリーガ3位に導いた。また、チャンピオンズリーグ(CL)では8試合に出場して4得点を挙げ、ベスト4に進出したチームに貢献していた。
 

 

ライプツィヒからの関心が報じられたアレクサンダー・ソルロス [写真]=Getty Images