【元記事をコミックナタリーで読む】

うぐいす祥子ときめきのいけにえ」1巻が、本日8月17日に発売された。

【大きな画像をもっと見る】

「死人の声をきくがよい」などで知られるうぐいすが手がける同作は、とある秘密を抱えた家庭に生まれたマンガ家志望の少女・神業寺マリを描く物語。「目立つことなかれ」「恋することなかれ」と教えられてきたマリは、早くマンガ家になって家を出ることを目指し地味な学校生活を送っていた。そんなある日、交通事故で瀕死のところを助けたことをきっかけに、秘かに憧れを抱いていた人気者の男子・花水木シゲルに告白されるが……。「ときめきのいけにえ」はマガジンRおよびマガジンポケット(ともに講談社)にて連載中。

また現在「マガジンR コワかわ祭り2020」と題した書店フェアが全国書店にて開催中。「ときめきのいけにえ」をはじめとするマガジンR連載作の関連書籍を購入した人に、描き下ろししおりシートが進呈される。

(c)Sachiko Uguisu 2020/講談社

「ときめきのいけにえ」1巻