いよいよ決勝戦! ひたすら作戦を練る「所司一門」といつも笑い声が漏れる「バナナ」 から続く

 第3回AbemaTVトーナメントを盛り上げているのは、対局した棋士だけではない。番組の進行という重責を担った司会、スピーディーな解説と聞き手、そして生放送の本戦では記録係もそれぞれの立場で見事に役割を果たした。

 レポート後半では、番組を支えた棋士と女流棋士インタビューを中心にお届けする。(段位や肩書は取材当時)

いつもより華やかな衣装やヘアメイク

 決勝トーナメントに入ってからの司会は室谷由紀女流三段、鈴木環那女流二段、山口恵梨子女流二段、中村桃子女流初段の4人が務めた。4人とも、出番でないときには対局をモニターで観戦して熱心にメモをとっていた。台本は用意されているけれど、番組の最初と最後、そして対局の前後のインタビューで対局者にどんな質問をするかは、司会も考えなくてはいけない。

 1回戦1週目はスタッフが対局前後のインタビューの聞き手を務めたものの、質問の仕方がうまくいかず、2週目からは司会の女流棋士インタビューするように変更された。

「番組終了後はスタッフで反省会をして、改善できるところはすぐ変えています。棋士、女流棋士からのご意見もうかがってます」とAbemaTVトーナメントの制作指揮を担当する佐藤光輔プロデューサー(32)。司会の意見や要望も取り入れてきたという。

 そして、番組の演出に合わせ「いつもより華やかな衣装や、ヘアメイクをお願いしました」(佐藤プロデューサー)。

 ヘアメイクリハーサルの合間を縫って、放送前、司会4人それぞれに3~10分ずつインタビューした。

自分なりの棋力を生かした司会をするように

 まずは8月1日放送を担当した山口恵梨子女流二段。

――先週も下見で来たのですが、司会者は熱心にメモをとられていました。どのようなメモをとり、どのように番組に生かしていますか。

 山口 対局の戦型だったり、ポイントだったりいろいろです。解説も聞いて、将棋用語が多かった場合は、簡単にフォローできるように考えたりも。アドリブでつなぐ必要も多いので話す内容に困らないようにしています。

――衣装は華やかなものを選ばれているのでしょうか? 今日も素敵ですが、先週の大きなリボンの薄紫のワンピース、とても華やかでお似合いでした。

 山口 ありがとうございます。華やかにという要望もあったので合わせました。

――どんなことを心掛けて司会をされていますか。

 山口 女流棋士である私たちに司会を任せていただいている意味をいつも考えています。司会の技術だけだったら、司会のプロのほうがいいですよね。女流棋士にあるものは、やはり棋力なので、自分なりの棋力を生かした司会をするようにしています。でも、将棋のルールだけ知っているような方でも理解できるような言葉を選ぶよう心がけています。

――生放送ならではの大変なところはどんな点ですか。

 山口 対局にかかる時間も一定ではありませんし、急に司会のトークでつながなくてはいけなくなることもあります。だから、話せるネタを持っていなくてはいけません。でも、対局者にまたすぐ中継が戻ったりもするので、必要ならすぐ話を切り上げる必要もあり、難しいです。

――番組が良くなるように意見を出したりもしているのですか。

 山口 スタッフさんは意見を聞いてくれて、すぐに改善してくれたこともいろいろありました。トーナメントが進むごとにどんどん司会の仕事がやりやすくなって感謝しています。

前回の対局を見て内容を把握しています

 続いて同じ8月1日放送を担当した中村桃子女流初段。

――対局中継の聞き手も数多く経験されていると思います。この司会と聞き手の違いはどんなところですか?

 中村 聞き手の場合は大盤があるので、大盤を動かしながら話せます。でも、司会に大盤はないので、「2六歩」など符号を使っても視聴者はついてこられません。そこは大きく違います

――事前にどんな準備をしていますか?

 中村 事前に台本をいただくので、それを見ながら、自分は対局者にどんな質問をすればいいかなど考えます。棋士のデータを調べたり、ABEMAビデオで前回の対局を見て内容を把握したりしています。

――どんなところに気を付けていますか。

 中村 対局者が話しやすい質問をするところです。将棋の内容について聞くときは、符号を使わなくていいように、全体的なことを聞くようにしています。

トップファイブに入る緊張する仕事です」

 司会は番組放送中に対局を見てトークの準備をしているのはもちろん、家にいるときから下調べをしているのだ。8月8日分を担当した室谷由紀女流三段も事前準備を欠かさないという。

――生放送ですが、かなり緊張するものでしょうか。

 室谷 それはもうトップファイブに入る緊張する仕事です。昨日はインスタグラムライブをやり、緊張のこともお話ししました。司会は今日で3回目。見てくれた皆さんからは「1回目より2回目のほうが良くなっていたから大丈夫」とか励ましをいただきました。

 いただいたお弁当も余裕がなく食べることができず、終わってから。放送中は飲み物だけです。でも、たくさんの方に見ていただける大きな舞台をいただけていることは、ありがたく思っています。

――Twitterではご自分の司会について反省を書いていたこともありましたね。

 室谷 ABEMAビデオで自分の出番を見て反省します。全然しゃべれていなくて落ち込みます。他の方の司会ぶりを見て勉強しようと、最近は第3回AbemaTVトーナメントをひたすら流していました。私は大阪出身で、ちょっと早口なのです。司会では、早口にならないようにゆっくり話すように心がけています。

――話す内容はどのように準備していますか?

 室谷 私は文章化しないとうまく話せません。話す内容をなるべく詳しくメモにしています。棋士の皆さんの対戦成績も調べたりして、しっかり書いておきます。

真剣勝負の中にも、クスっと笑える話を持ってこられるように

 同じく8月8日分を担当した鈴木環那女流二段。

――棋士の対局中、司会の出番でないときにはどんなメモをとり、どう生かしていますか?

 鈴木 専門用語を使わなくても将棋を説明できるように、例えば「最後は時計の叩き合いになりました。対局場には時計の音が響き渡っていました」とか臨場感が伝わる話ができるようにメモをとっています。対局者には「1局を振り返ってどうでしたか?」とか当たり前のことを聞いてもいいのですが、そこはできるだけ女流棋士であることを生かせるように、でも難しくないように「大熱戦の終盤戦でしたね」とか振ることができるように対局をしっかり見ています。

――素敵な衣装ですね。華やかめを意識したのでしょうか。

 鈴木 そうですね。この番組の最初、チームを決めるドラフト会議のときは、司会の棋士お二方はタキシードを着ていました。私もイベントでもあまり着ないような、パーティーイメージで服を選んでいます。でも、パーティー服なんてそんなに持っていませんよね。何度も同じ服は着られませんし、正直、このために服を買ったりもしています(笑)

――スタッフさんに要望や意見を伝えたことはありますか?

 鈴木 あります。インタビューしたい対局者がお手洗いに行く間、司会のトークでつなぐ必要が出たりもします。いろいろなケースに対応できるよう、いくつもネタを用意しておくのですが、足りなくなる心配も。現在の対戦成績表を画面に出してもらって、それでトークできるようにしたり、ルールのおさらいをできるように改善していただきました。

――今日はどんなネタを用意してきましたか。

 鈴木 チームレジェンド」が集まって前日練習をした話です。佐藤康光九段は差し入れにミカンを持ってこられました。「自分たちは『レジェンド』だけど、まだ未完成。だからミカン」と。今日は「バナナ」と「ミカン」の戦いというお話です。真剣勝負の中にも、クスっと笑える話を持ってこられるように。森内俊之九段とはYouTubeの森内チャンネルでご一緒していて、昨日はそのこともあり、前日練習にお邪魔しました。

――司会の女流棋士同士、情報交換はしていますか?

 鈴木 それはもうLINEでしょっちゅうです。こういうところが大変だったとか、失敗しそうになったとか、共有しています。司会が失敗すると視聴者がヒヤヒヤしたり、違った緊張感を与えてしまいます。リラックスして見て欲しいと思っています。

ストップウォッチトークの秒数を計る

 鈴木女流二段は、放送中に予定通り「未完成だからミカン」の話題を笑顔で披露。佐藤康光九段の差し入れのミカンも持参して視聴者に見せていた。

 以前はアナウンススクールにも通った経験のある鈴木女流二段は、自分が出演しない回のAbemaTVトーナメントチェックする際、ストップウォッチで秒数を計り、この部分はこの長さのトークをと考えながら準備することもあったという。まるでプロの司会者のような徹底ぶりだ。

三段リーグ時代には「実況みたいに楽しく話しながら練習将棋」

 解説の棋士の仕事も、最大9局とハードだ。8月1日には藤森哲也五段が解説者として登場。「藤森語録」というビデオABEMAビデオで公開されたり、第3回AbemaTVトーナメントの注目解説者だ。

――前回のゲーム用語や麻雀用語、競馬用語を使った解説は話題になり、ABEMA TIMESでは、用語解説の記事まで公開されました。

 藤森 将棋って、とっつきにくいと思っている方もいるでしょうから、僕の解説でその壁を取り払えたらいいなと。ゲームや麻雀に置き換えることで分かりやすく表現しているつもりです。

――面白い解説と評判です。何かネタを用意したりしていますか。

 藤森 用意したこともありましたけれど、そうするとネタをいつ話そうとかそっちに意識がいってしまい、滑らかにしゃべれなくなってしまいました。今は無理せずに話しています。ABEMAの解説を見て面白いと感じて僕のYouTubeに来てくれる方もいて嬉しいですね。今は、藤井棋聖のブームもあって将棋の注目度が高い。将棋人気に貢献できればと思っています。

――もともと面白いことを言うのが得意なのですね。

 藤森 三段リーグ時代に実況みたいに楽しく話しながら練習将棋をしていたことがありました(笑)。そのときの感じですかね。何かを面白く伝えるのは好きです。でも、メインは対局者ですから、その人の良さが伝わるようにしています。毎回スタッフの方には、どんな解説をしたらいいか確認。すると「藤森さんの好きなようにやって下さい」と。台本でセリフがかっちり決まっているわけではないから、自分の良さを発揮できます。ABEMAさんで経験を積ませてもらい、解説力が少しはアップしたかなと思っています。

「睡眠はしっかりとってきました」

 続いて8月8日の解説を担当した藤井猛九段。

――このお仕事の大変なところはどんなところですか?

 藤井 解説? そんなに大変ではないですよ。オーダーは当日決定で、対戦カードも分からない。だから準備もしていません。生放送プレッシャーは多少ありますかね。収録ならばうっかり言ってはいけないことを言っても場合によっては切ってもらえるけれど、生放送はそういうわけにいきませんから。

――収録で切ってもらった経験はあるのでしょうか?

 藤井 もちろんないです(笑)。でも、生放送の今日に限って失敗しないよう気を付けます。

――局数が多いのは大変ではないですか?

 藤井 第2回のAbemaTVトーナメントで1日に10局くらい経験したことがあります。さすがに疲れました。今日は最大9局だから大丈夫。睡眠はしっかりとってきました。

 この2時間後、藤井九段は「準備していない」にも関わらずスピーディーでノリの良い解説を披露していた。

タブレットへの入力が間に合わなかったことも

 聞き手や記録係はどうなのだろう。8月1日の聞き手であり、7月18日には記録係を務めた山根ことみ女流二段にもインタビューした。

――この仕事の難しさはどんなところですか?

 山根 1局ごとの解説が短いので、聞き手も分かりやすく内容をまとめなくてはいけないところだと思います。愛媛の祖母は、将棋が分からないのに見てくれています。そんな祖母を意識し、初心者の方にも分かりやすくできるように心がけています。終わったら反省をします。これまでの聞き手でも、棋士や先輩の女流棋士の方々からご意見をいただいたら、それを生かすようにしています。

――記録係のときは、超早指しで大変ではなかったでしょうか。

 山根 実は2回ほど、1秒でどんどん手が進み、タブレットへの入力が間に合わなかったことがあります。記録係の入力が将棋連盟Liveで同時中継されるわけではないので、リカバリーできましたけれど。

「わぁ、レジェンドの先生が自分で時計叩いてる」

 8月8日の聞き手で、7月4日には記録係を務めた和田あき女流初段は「AbemaTVトーナメントの記録は大変だったでしょう」と口々に言われたと話す。

――ものすごいスピードで記録しなくてはいけないのは大変ではなかったでしょうか。

 和田 そうですね。でも一番近いところで迫力のある対局が見られたのはとても楽しかったです。普段の公式戦では自分で時計を押すことはありません。チームレジェンド」の対局の記録係だったので、皆さんが時計を叩いている貴重なお姿を見ることができました。「わぁ、レジェンドの先生が自分で時計叩いてる」って(笑)

――聞き手ではどんなところが難しいですか?

 和田 大盤が映るのは対局の前後で、対局中は対局者の盤面だけが映り、解説と聞き手は音声だけです。大盤を使ってじっくりとした解説はできず、実況が中心になるので、どんなふうに言えばうまく伝えられるか、毎週の放送をよく見てきました。生放送で、言った言葉は取り返しがつきません。慎重に話すようにします。

――妹のはなさんが女流棋士になりました。はなさんも番組を見ていますか?

 和田 今日も「見てね」と言ってきました。毎週妹と一緒に見て、手を予想したり楽しんでます。

 解説席は対局場と離れたところにあり、解説と聞き手はモニターを見ながら話す。解説席に映像が切り替わるときは、解説、聞き手とも大盤の横に立つ。しかし、対局中は解説と聞き手は音声だけ担当すればいいため、座っていてもOK。解説席には椅子も用意されている。

 8月22日の決勝では、解説に戸辺誠七段、聞き手に加藤桃子女流三段、記録係は飯野愛女流初段、そして司会は山口恵梨子女流二段と中村桃子女流初段が務める。それぞれのお仕事ぶりにも注目して見ていただきたい。

写真=杉山秀樹/文藝春秋

(宮田 聖子)

司会の二人は、出番がないときにも対局を観戦しながらメモを取り、打ち合わせを行っている