「過去最高って言ってもいいのかもしれないですね。数年前なら誰が出ても優勝していたんじゃないか、というレベルの高さでした」

 大会の締めに審査員のダウンタウン松本人志がこう語るほど、2019年M-1は沸いた。では何がこの“神回”を作ったのか。

 今回、話を聞いたのは2019年M-1総合演出の朝日放送・桒山哲治氏。2017年大会から総合演出を務めてきた桒山氏の目に“神回”はどう映っていたのだろうか?(全3回の1回目。#2#3を読む)

◆ ◆ ◆

「“3つの波”が来たからや」

――昨年のM-1は未だかつてない盛り上がりだったと言われましたが、現場でも、その手応えはあったのですか。

桒山 終わった瞬間、本当にすごい大会だったと思いましたね。こんな大会があっていいのかと。松本(人志)さんが、エンディングで「過去最高っていってもいいのかもしれない。数年前なら、だれが出ていても優勝していたのではないか」と仰ってくれましたしね。ミルクボーイさんが史上最高点(681点)を出してくれて。

――最終出番のぺこぱが3位の和牛をまくり、最終決戦に残りましたけど、あそこもすごかったですよね。

桒山 僕も今回、どこがいちばんドラマティックだったかと言えば、ぺこぱさんが残って、和牛さんが敗退した瞬間だったと思います。笑い飯の哲夫さんが仰っていたんですけど、これまでもM-1は必ず2つ波があった、と。でも去年のM-1は何がスゴかったかというと、“3つの波”が来たからやと仰っていました。

 まず、かまいたちさんが2番手で、優勝ちゃうかと思えるような高得点を叩き出した。そして、3番手の敗者復活枠で和牛さんが上がってきて、かまいたちさんに次ぐ高得点を出した。ここまでが1つめの波。次のドラマミルクボーイさんの史上最高得点。今までの大会なら、ここで終わってるわけです。ところが、まだ、ぺこぱさんが勝って、和牛さんが敗退するというドラマが待っていた。

――ぺこぱに対する各審査員の点数が出て、計算できないけど、これはすごい合計点になりそうだ、和牛を抜くのか……というあの20秒間ほどのドキドキは、今、思い出しても恍惚となるほどです。

桒山 あのとき、和牛さんたちは、舞台裏でもう表情がグッてなってるんですよ。あかんかも、っていう顔をしていた。その様子が、ぺこぱの松陰寺(太勇)さんが「いけ~!」ってやってるのと実に対照的で。

――M-1の光と陰、栄光と挫折があの瞬間に凝縮されていました。

桒山 あの大会で一番印象に残っているシーンと言っていいかもしれません。

「笑神籤ガチなの?」芸人さんからも疑いの目

――それもこれも、漫才の神の差配としか思えないあの出番順にありましたよね。それにしても、今回、出場者の方々にもインタビューをさせてもらっていて、みなさんがおっしゃっていて驚いたのですが、笑神籤(えみくじ)はあんなにもヤラセではないかと疑われていたのですね。

桒山 僕もMCの今田(耕司)さんに一度、直接、言われたことがあります。「笑神籤が映ってない瞬間に、中の棒も入れ替えられてるんちゃうかって芸人の間で噂やで」って。心外なので、会場のなるべく映る場所にずっと置いておくようにしました。

――それで、笑神籤の箱もスケルトン化したわけですね。

桒山 そういう声をたくさん聞きましたが、あれ、デザインは変わってないんですよ。

――えっ? そうなんですか? みなさん言っていましたが。

桒山 2017年から笑神籤を導入してますが、ずっと同じデザインです。間違いありません。あまりにもみんなが言うので、知らないところで勝手に変わってたのかなと思ってしまいました。

――今田さんも、そのような話をしていませんでしたか?

桒山 今田さんが、本番で「まだ笑神籤ガチなの?みたいに疑っている人いますけど、これスケルトンですからね」みたいに言ってくれたんです。それでみんなも今回から見えるようになった、と勘違いされたのかもしれませんね。繰り返しになりますが、スケルトンなのはずっと同じです。

“2番手かまいたち”はまずいなと思った?

――でも、昨年のM-1の出番順は、演出だとしたら、ありえないですよね。2番目にかまいたちの名前が出たときは、内心、まずいなと思うものですか。

桒山 それは無かったとは言えませんね。優勝候補は中盤から後半に出てもらった方がイベント的には盛り上がるので。でも、かまいたちさんがトップの可能性もあったわけですから。そこはいつもスタッフ一同腹を括っています。神のみぞ知る領域なので。

――テレビの方たちも、本能的に、ここに人の手を入れたら嘘になる、みたいなのはわかっていますよね。

2017年のゆにばーすさんがカッコよくて…」

桒山 わかってます、わかってます。万が一操作してたとして、それが発覚したら、全ての信頼関係が崩壊してしまいますからね。そうしたら、漫才師の皆さんが自分たちの本気をM-1にぶつけてくれなくなる。我々はそれをいちばん恐れているわけです。そもそも笑神籤を導入するときも、芸人さんに対して失礼なんじゃないか、という議論はありました。トップ出番になった人が焦ってミスをしたらどうするんだ、と。あとは、自分たちの名前が呼ばれて、ネタをする直前の真剣な表情を撮られるのも嫌なんじゃないかな、とか。不安もたくさんあるし、それをはねのけてくれるのが漫才師の皆さんだと思う気持ちもありました。

 その上で、導入1年目のトップバッターがどうなるかにすべてがかかっていました。2017年の1番目は、ゆにばーすさんでした。そうしたら、袖で待つ川瀬名人さんとはらさんが一瞬、映ったのですが、背筋を伸ばして、颯爽と登場ゲートに駆けていったんです。その姿がカッコよくて。芸人魂を見た気がしましたね。しかもネタも抜群で、会場もものすごく盛り上がりました。あの瞬間にスタッフとしては、笑神籤方式でも漫才師さんは戦ってくれる、と思えたんです。

ミルクボーイ駒場さんの号泣シーンで何十回も泣いてます」

――袖にいる芸人さんの真剣な表情を映すか映さないか、で迷うものなんですね。私はそこもM-1の醍醐味の1つだと思っているのですが。つまり、もっとも素の表情を見せたくない芸人たちが、緊張したり、泣いたりしてしまう。素にならざるをえない。そこが素敵だな、と。でも撮る側としては葛藤があるわけですね。

桒山 ありますね。それこそ、昔はご法度だったものを映してしまっているわけですから。化粧を落としたピエロを撮っているようなものじゃないですか。なので一部の芸人さんからは、あんなところを見せるもんちゃうでとよく言われます。ただ、最近は、視聴者側も慣れてきてますよね。芸人さんって、適当に面白おかしくしゃべっているように見えて、実は、頭の回転がおそろしく速くて、陰で血の滲むような努力をしているんだ、とか。そういうものも含めてファンになったりしていると思います。

――M-1の舞台裏に密着したドキュメンタリー「アナザーストーリー」の最後、ミルクボーイの駒場(孝)さんが号泣するシーンとか観たら、余計ファンになりますもんね。

桒山 あれね。僕も何十回も観ていますけど、観るたび、泣いてますもん。

――あれを観て泣かない芸人はいないらしいですね。

桒山 特に駒場さんは芸人さん仲間の間では絶対、泣くようなタイプの人間じゃないと思われていたらしくて。なので、余計に涙を誘うんでしょうね。

【続き】スタッフ1000人が作るM-1、驚きのウラ側「1日で高級マンションが買えるくらいおカネ使ってます」 へ)

スタッフ1000人が作るM-1、驚きのウラ側「1日で高級マンションが買えるくらいおカネ使ってます」 へ続く

(中村 計)

2019年M-1で総合演出を務めた朝日放送テレビの桒山哲治氏 ©山元茂樹/文藝春秋