松本人志が企画・プロデュースを手がけるAmazon Original 番組「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタルシーズン8が、Amazon Prime Videoにて配信中だ。

【写真を見る】千原ジュニア全力の「なるほどな!」に笑いをこらえる藤本敏史

配信4年目となる人気シリーズの本編より、千原ジュニアが参加芸人に向けて全力でギャグお見舞いするシーンが、「ザテレビジョンYouTubeチャンネル」にて独占公開された。

■ 初参戦6名を含む芸人10名のガチンコお笑いバトル

HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」は、プロデューサー松本人志に選ばれた10人のお笑い芸人たちが、自ら参加費100万円を手にして挑む、笑わせ合いバラエティ番組。芸人たちは6 時間ぶっ通しで笑いを仕掛け合い、最後まで笑わなかった者が優勝賞金1000万円を手にすることができる。

今回、千原せいじ(千原兄弟)、チャンス大城、河本準一次長課長)、庄司智春品川庄司)、藤田憲右(トータルテンボス)、松尾駿(チョコレートプラネット)の6名が初参戦。千原兄弟は、コンビでの初参加となる。

弟の千原ジュニアシーズン5以来、2度目の参加。戦いの前には「2度目ということで精神的には落ち着いていますね」と語っていたジュニアだが、芸人同士の笑いには比較的弱いタイプで、人のギャグに笑ってしまうことも多い。

■ 千原ジュニアが原西のギャグを丸パクリ

「ザテレビジョンYouTubeチャンネル」では、配信開始された本編映像から、千原ジュニアギャグをしかけるシーンが公開された。

ジュニアFUJIWARA原西孝幸の持ちギャグを丸パクリして「なるほどな!なるほどなるほどなるほどな!」を披露。しかし、リズム感はゼロで、原西の滑らかな動きとは似ても似つかないその動きに他の芸人はあぜんとする。

突然、相方のギャグを見せられた形の藤本敏史。5回目の参戦となるベテラン・藤本の反応に注目が集まる。

笑いの瞬発力と攻撃力、そして防御する忍耐力も問われる“笑いの総合格闘技”「ドキュメンタル」。シーズン8で賞金1000万円を手にする優勝者は一体誰か。(ザテレビジョン

「ドキュメンタル」シーズン8